宮澤がドバイ最終ステージで8位、シミットが中間スプリント賞 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

宮澤がドバイ最終ステージで8位、シミットが中間スプリント賞

バックナンバー 過去ニュース
4日間のステージレース、ドバイツアーは2月8日に最終日を迎え、ドバイからブルジュハリファまでの123kmの平坦路で第4ステージが行われ、宮澤崇史(ビーニファンティーニNIPPOデローザ)がゴールスプリントにからんで8位に入った。高速での集団スプリントを制したのはマ
  • 4日間のステージレース、ドバイツアーは2月8日に最終日を迎え、ドバイからブルジュハリファまでの123kmの平坦路で第4ステージが行われ、宮澤崇史(ビーニファンティーニNIPPOデローザ)がゴールスプリントにからんで8位に入った。高速での集団スプリントを制したのはマ
4日間のステージレース、ドバイツアーは2月8日に最終日を迎え、ドバイからブルジュハリファまでの123kmの平坦路で第4ステージが行われ、宮澤崇史(ビーニファンティーニNIPPOデローザ)がゴールスプリントにからんで8位に入った。高速での集団スプリントを制したのはマルセル・キッテル(ジャイアント・シマノ)。

「ジャイアント・シマノのトレイン(アシストによるけん引)は速く、スプリントは1列棒状に。キッテルのスプリント力の強さの前に他の選手はなすすべないレースとなった」と宮澤。

この日は宮澤のチームメート、ピエールパオロ・デネグリが3選手の逃げに乗ったが、ゴール前15km地点で集団に吸収されて、集団スプリントに持ち込まれた。また今大会、好調な仕上がりをみせた南アフリカのウィリー・シミットは中間スプリント賞を守り切り、黒色のリーダージャージを獲得した。

「このジャージをどうしても持って帰りたいと思っていた。チームのスポンサーや、私にトップクラスの選手と戦うチャンスをくれたマネージメントスタッフに献呈できることをうれしく思う。チームメイトやジュリアーニ監督に感謝している」とシミット。

ビーニファンティーニの次戦は、2月21日のトロフェオ・ライグエリア(イタリア)、そして23日のGPイゾラ・ブタンピリン(スロベニア)の予定。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top