宮澤崇史がドバイツアー第2Sのゴール勝負で15位 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

宮澤崇史がドバイツアー第2Sのゴール勝負で15位

バックナンバー 過去ニュース
ドバイツアーの第2ステージは2月6日、ドバイからパームジュメイラまでの121.6kmで開催され、ドイツのマルセル・キッテル(ジャイアント・シマノ)が集団スプリントを制してステージ優勝。宮澤崇史(ビーニファンティーニNIPPOデローザ)がゴールスプリントにからんで15
  • ドバイツアーの第2ステージは2月6日、ドバイからパームジュメイラまでの121.6kmで開催され、ドイツのマルセル・キッテル(ジャイアント・シマノ)が集団スプリントを制してステージ優勝。宮澤崇史(ビーニファンティーニNIPPOデローザ)がゴールスプリントにからんで15
ドバイツアーの第2ステージは2月6日、ドバイからパームジュメイラまでの121.6kmで開催され、ドイツのマルセル・キッテル(ジャイアント・シマノ)が集団スプリントを制してステージ優勝。宮澤崇史(ビーニファンティーニNIPPOデローザ)がゴールスプリントにからんで15位に入った。

宮澤は残り3kmで20番手と出遅れたが、ポジションを上げながら進み、残り300mで有力スプリンターのカベンディッシュの背後についた。
「このままスプリントへ!と思ったときにモビースターの選手がカベンディッシュの前に割り込み、カベンディッシュがスプリントを諦めてしまった」と宮澤。

「自分もブレーキをかけてペースダウンしてからもう一度踏み込み直したが、トップの争いには参加できずに終わってしまった。初レースにしてはとてもいい体調を感じているでも、明日もこの感覚のいい状態で勝負に挑んでいきたい」

南アフリカのウィリー・シミット(ビーニファンティーニNIPPOデローザ)は100kmを超える逃げに乗り、2つの中間スプリントポイントで合計8ポイントを獲得した。この日のステージを終えて、中間スプリント賞2位につけ、同賞首位のタイラー・フィニー(BMC)が総合首位のため、第3ステージは繰り上がりで黒色の中間スプリント賞ジャージを着用して走る。

 
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top