北京五輪トラック競技は英国勢が10種目中7つを制覇 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

北京五輪トラック競技は英国勢が10種目中7つを制覇

バックナンバー 過去レポート
 北京オリンピックの大会12日目となる8月19日、トラック競技は最終日を迎え、男女スプリントの準決勝・決勝と順位決定戦が行われた。男子はイギリスのクリス・ホイが今大会3つめとなる金メダルを獲得。女子は、同じくイギリスのビクトリア・ペンドルトンが初優勝した。イギリスはこの男女スプリントを制したことでトラック競技全10種目中7種目で金メダルを獲得。
 男女スプリントの1/8決勝で敗退した4選手による9-12位決定戦が行われ、渡邉一成と佃咲江が出場した。結果は両者ともに4着と敗れ、最終成績12位が決定した。
 またこの日行われたもう一つの決勝種目・マディソンは、レース序盤でラップを決めたアルゼンチンがそのまま逃げ切って初優勝。以下は日本自転車競技連盟からの現地レポート。

<男子スプリント>
 準決勝となる1/2決勝は1組目がフランスのブルガン(28)対イギリスのホイ(32)、2組目がイギリスのケニー(20)対ドイツのレビ(21)という組み合わせで行われた。
 3回の対戦のうち先に2回勝った方が金メダルを争う1-2位決定戦に駒を進めるこの戦い。1組目の対戦は現世界チャンピオン、ホイの独壇場となった。1回戦は後方からの一踏みで、2回戦は大差をつける逃げで、フランスの実力者ブルガンを寄せ付けず、難なく1-2位決定戦進出を決めた。
 2組目の対戦はホイと同じイギリスの若きスプリンター、ジェイソン・ケニーが、同世代のライバル、ドイツのレビをストレートで下し、1-2位決定戦進出を決めた。これでイギリスの金銀が決まった。
 イギリス勢同士、ホイ対ケニーの対戦となった1-2位決定戦。1回戦はホイ先行でスタートするが、残り2周となるホームでスピードをゆるめ追走のケニーを前に出す。緊迫したにらみ合いのままレースが進む中、残り1周手前の3コーナーで先行のケニーがホイの不意をついてスパート。ホイは一瞬踏み遅れたものの、猛然とペダルを踏み込んで逃げる獲物を追う。そして最終コーナーでこれを捕らえゴール先着。力の差を見せつけて1回戦を制した。
 そして迎えた2回戦。先行はケニー。ホイはこれを4車身ほどあけて追走する。半周を過ぎたあたりから徐々にスピードが上がる。そして残り1周手前の3コーナーで両者ほぼ同時に踏み出し、スプリント勝負が始まった。逃げるケニー、追うホイ。しかし、両者の力の差は明らかだった。ホイは必死で逃げ切りを図るケニーを最終3コーナーで捕らえ、最後は右コブシを挙げてゴール。チームスプリント、ケイリンに続いて3つめの金メダルを手にした。

<女子スプリント>
 決勝となる1-2位決定戦は、予選から完璧な走りで勝ち上がったイギリスの世界チャンピオン、ペンドルトン(27)と、準決勝で地元中国の郭を決定戦の末に下して勝ち上がったオーストラリアのアンナ・メアーズの対戦となった。
 1回戦、先行はペンドルトン。残り2周過ぎまでスローペースのにらみ合いが続くが、残り1周半となったバックで追走のメアーズがスピードを上げながら外に膨らむ。そしてこれを見たペンドルトンが一気にスパート。メアーズも踏みだし追走するがなかなか差が縮まらない。ペンドルトンは、500mTT世界記録保持者メアーズの追撃を最後まで寄せ付けず1回戦を制した。
 続く2回戦はメアーズが先行。レースは睨み合いのまま徐々にスピードが上がる展開となったが、残り1周のホーム手前で後ろのペンドルトンが外に上がって一気の踏みだしをかけた。メアーズも踏みだしこれに応戦するが、スピード上位のペンドルトンがあっという間にメアーズを抜き去り勝負を決めた。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top