ジロ第13Sのタイムトライアルはブルセギン初優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ジロ第13Sのタイムトライアルはブルセギン初優勝

バックナンバー 過去ニュース

 ジロ・デ・イタリアは5月25日、ビエッラ~サンチュアリオ・ディ・オロパ間で第13Sとして個人タイムトライアルが開催され、イタリアのマルツィオ・ブルセギン(32)=ランプレ=がトップタイムで優勝。首位のダニーロ・ディルーカ(31)=イタリア、リクイガス=は8秒遅れの区間3位でゴールし、ライバルのクネゴやシモーニに対してさらにタイム差を広げた。

◆第13S結果(12・6キロ)
1 M・ブルセギン(イタリア、ランプレ)28分55秒
2 L・ピエポリ(イタリア、サウニエルドゥバル)1秒遅れ
3 D・ディルーカ(イタリア、リクイガス)8秒遅れ
4 D・ザブリスキー(アメリカ、CSC)19秒遅れ
5 F・ペッリゾッティ(イタリア、リクイガス)22秒遅れ
6 S・ガルゼッリ(イタリア、アクアエサポーネ)29秒遅れ

◆個人総合成績
1 D・ディルーカ(イタリア、リクイガス)57時間11分28秒
2 M・ブルセギン(イタリア、ランプレ)55秒遅れ
3 A・シュレク(ルクセンブルク、CSC)1分57秒遅れ
4 D・クネゴ(イタリア、ランプレ)2分40秒遅れ
5 F・ビジャ(スペイン、ランプレ)2分44秒遅れ
6 D・アロヨ(スペイン、ケスデパーニュ)2分51秒遅れ
《編集部》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?
page top