ジロ第12Sでディルーカ優勝。総合もトップに | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ジロ第12Sでディルーカ優勝。総合もトップに

 ジロ・デ・イタリアは5月24日、シャレンゲからフランスのブリアンソンまでの区間で第12ステージを行い、イタリアのダニーロ・ディルーカ(31=リクイガス)が有力選手を突き放して優勝。個人総合成績でも7日ぶりにトップに返り咲き、マリアローザを奪回した。

バックナンバー 過去ニュース
 ジロ・デ・イタリアは5月24日、シャレンゲからフランスのブリアンソンまでの区間で第12ステージを行い、イタリアのダニーロ・ディルーカ(31=リクイガス)が有力選手を突き放して優勝。個人総合成績でも7日ぶりにトップに返り咲き、マリアローザを奪回した。

◆第12S結果(163キロ)
1 D・ディルーカ(イタリア、リクイガス)4時間46分39秒
2 G・シモーニ(イタリア、サウニエルドゥバル)同タイム
3 A・シュレク(ルクセンブルク、CSC)7秒遅れ
4 E・マッツォレーニ(イタリア、アスタナ)15秒遅れ
5 D・クネゴ(イタリア、ランプレ)19秒遅れ
6 S・ガルゼッリ(イタリア、アクアエサポーネ)2分17秒遅れ

◆個人総合成績
1 D・ディルーカ(イタリア、リクイガス)56時間42分25秒
2 M・ブルセギン(イタリア、ランプレ)1分03秒遅れ
3 D・アロヨ(スペイン、ケスデパーニュ)1分16秒遅れ
4 A・シュレク(ルクセンブルク、CSC)1分25秒遅れ
5 F・ビジャ(スペイン、ランプレ)1分39秒遅れ
6 D・クネゴ(イタリア、ランプレ)2分10秒遅れ
《編集部》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代
page top