アジア大会のロードTTで日本が銅メダル | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アジア大会のロードTTで日本が銅メダル

スポーツ 短信

12月6日にカタールのドーハで行われた第15回アジア競技大会で、日本勢はロードレースの最終種目、チームタイムトライアルで銅メダルを獲得した。優勝はカザフスタン。

4人が先頭交代をしながらゴールを目指すチームタイムトライアルが、アジア大会の種目として開催された。距離は70.3km。日本勢は阿部良之(スキル・シマノ)、岡崎和也(チーム NIPPO)、廣瀬敏(愛三工業レーシング)、盛一大(愛三工業レーシング)の4人がチームを組み、銅メダルを獲得した。
これでロードレースの全日程が終了し、9日からはトラック種目が行われる。

●チームタイムトライアル結果
1位 カザフスタン 1時間24分40秒
3位 日本 1分20秒遅れ
《編集部》
page top