東京都選手権ロードは西谷雅史が優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

東京都選手権ロードは西谷雅史が優勝

スポーツ 短信

東京都自転車競技選手権大会は12月2日にトラックレースが、同3日にロードレースが静岡県伊豆市の日本サイクルスポーツセンターで行われ、男子登録者クラスのロードレースで西谷雅史(39=チームオーベスト)が優勝した。
  • 東京都自転車競技選手権大会は12月2日にトラックレースが、同3日にロードレースが静岡県伊豆市の日本サイクルスポーツセンターで行われ、男子登録者クラスのロードレースで西谷雅史(39=チームオーベスト)が優勝した。
東京都自転車競技選手権大会は12月2日にトラックレースが、同3日にロードレースが静岡県伊豆市の日本サイクルスポーツセンターで行われ、男子登録者クラスのロードレースで西谷雅史(39=チームオーベスト)が優勝した。

東京都自転車競技連盟が主催するトラック&ロード大会。同連盟の中村賢二理事長は、「なかなか都内でロードレースを開催するのは難しく、例年サイクルスポーツセンターをお借りしている」という。
初日のトラックレースは全5種目で、25人が出走。東京都最優秀選手として駒井大輔(31=TSP)が表彰された。2日目のロードレースも全5種目で、67人が出走した。
初日の競技後には、大会スタッフと自転車専門誌のジャーナリストによるロードレースも行われた。
「取材のみなさんに足を運んでもらえるように、連盟側としていろいろな広報活動をしていくことが大事。2016年の五輪招致に立候補している東京都だけに、国内の自転車競技をリードしていけるようにさまざまな試みを提案していきたい」と中村理事長。
《編集部》
page top