07年のエタップはピレネーの難関コース | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

07年のエタップはピレネーの難関コース

スポーツ 短信

世界最大の自転車レース、ツール・ド・フランスの1区間を走る一般参加レースがエタップ・デュ・ツールだ。8,000人前後の参加枠は募集開始からすぐに満員になってしまうほどの人気レースである。
  • 世界最大の自転車レース、ツール・ド・フランスの1区間を走る一般参加レースがエタップ・デュ・ツールだ。8,000人前後の参加枠は募集開始からすぐに満員になってしまうほどの人気レースである。
世界最大の自転車レース、ツール・ド・フランスの1区間を走る一般参加レースがエタップ・デュ・ツールだ。8,000人前後の参加枠は募集開始からすぐに満員になってしまうほどの人気レースである。

15回目の開催となる2007年のコースはピレネー山脈で行われる第15ステージがコースとなった。フォワからルダンビエイユ・ルルーロンまでの196kmは5つの峠が立ちはだかる難コースだ。
大会は7月16日。本当のツールは1回目の休息日に当たる。98km地点に位置するポルテダスペット峠は、バルセロナ五輪の金メダリスト、ファビオ・カサルテッリが激突死したところ。距離19.2kmの上り坂が待ちかまえる4つ目のポールドバレス峠が最難関となるが、最後のペイルスールド峠はこれまで数々の伝説が生まれた勝負どころだ。

●峠の難易度
ポール峠(27km地点):標高1,249m/上りの距離11.4km/勾配値5.3%
ポルテダスペット峠(98km地点):標高1,069m/上りの距離5.7km/勾配値6.9%
マンテ峠(114km地点):標高1,349m/上りの距離7.0km/勾配値8.1%
ポールドバレス峠(159km地点):標高1,755m/上りの距離19.2km/勾配値6.2%
ペイルスールド峠(184km地点):標高1,569m/上りの距離9.7km/勾配値7.8%

人気イベントだけにフランス国内の参加枠は募集を開始してすぐに定員に達する。
フランス以外の居住者は各国の公式エージェント経由で申し込む。日本は国際興業が窓口となる。

国際興業=〒104-8460東京都中央区八重洲2-10-3
TEL:03-3273-2853 E-mail:cycletour@kokusaikogyo.co.jp
担当=木原・荒川
《編集部》
page top