ヘラルド・サンツアー、波乱の第2ステージ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ヘラルド・サンツアー、波乱の第2ステージ

バックナンバー 過去ニュース

JCF広報より、ヘラルド・サンツアーの続報。9日に行われた第2ステージでは、先頭集団と後続の間に29分半の差がつくという、波乱の展開となった。

サンツアーの第2ステージ、Shepparton から Bendigoに向かう179kmは大波乱のステージとなった。
なんと、16名の先頭集団と後続の間には29分半の差がついたという。メインチームからの有力選手がほとんど乗った、この先頭集団との差は、最初は小さなものだったが激しく吹きつける強風のいたずらもあり、まったく詰めることができぬまま、ぐんぐん伸びていき結局、これだけの差になった。
結果、個人総合には、覆すこともできないほどの大きな差がつくことになってしまった。
日本代表は、明日からは、毎日1dayレースのつもりで挑む。


---------------------------------------------
□ステージ結果

第1ステージ
1 Hilton Clarke (Navigators Insurance Cycling Team) 1.05.51
2 Tobias Erler (Giant Asia Racing Team)
3 Karl Menzies (Health Net Presented By Maxxis)

20 辻善光(立命館大) +0.06
29 飯島誠 (ブリヂストン・アンカー)
48 廣瀬敏(愛三工業レーシング) +1.02
52 阿部良之(スキル・シマノ) + 1.16
76 増田成幸(ミヤタ・スバル) +1.19
93 中島康晴 (鹿屋体育大)
94 清水良行 (Team NIPPO)

第2ステージ
1 Karl Menzies (HealthNet)   4.16.40
2 Mitchell Docker (Drapac Porsche)  +0.02
3 Tobias Erler (Giant Asia Racing)

23 飯島誠 (ブリヂストン・アンカー)
31 廣瀬敏(愛三工業レーシング)
35 中島康晴 (鹿屋体育大)
40 増田成幸(ミヤタ・スバル)
44 清水良行(Team NIPPO)
73 阿部良之(スキル・シマノ)
94 辻善光 (立命館大)

※阿部選手はゴール前に落車で遅れ、辻選手はパンクのため集団から遅れ、強風の中、長いふたり旅でのゴール。
厳しいステージとなった。

個人総合
1 Karl Menzies (HealthNet)        5.22.17
2 Tobias Erler (Giant Asia Racing)     +0.06
3 Dominique Rollin (Bicycle Superstore – Canada) + 0.15
《編集部》
page top