【MLB】独断と偏見で選ぶ2021年シーズン大谷翔平10大ベストゲーム | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【MLB】独断と偏見で選ぶ2021年シーズン大谷翔平10大ベストゲーム

新着 ビジネス
【MLB】独断と偏見で選ぶ2021年シーズン大谷翔平10大ベストゲーム
  • 【MLB】独断と偏見で選ぶ2021年シーズン大谷翔平10大ベストゲーム

野球の神様ベーブ・ルース以来となる「二刀流」としてメジャーリーグを席巻した2021年の大谷翔平は、シーズンオフとなった現在もその大車輪の活躍に対する評価は止まらず、コミッショナー特別表彰アメリカン・リーグMVPを満票で獲得するなど、「賞タイム」は10冠となっている(24日現在)。

今シーズンの記憶が新しいうちに、ここで大谷のベストプレー10傑を独断と偏見により勝手に選出してみた。あなたの中の「ベスト10」とぜひ比べてもらいたい。

■第10位 2021年MLB最終戦に放った46号ホームランで100打点達成

ホームラン王争いではシーズン終盤、トロント・ブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.およびカンザスシティ・ロイヤルズのサルバドール・ペレスの後塵を拝した大谷ながら、シーズン最終戦となる162試合目にして46号となる先頭打者ホームランを叩き込み、足踏みをしていたシーズン100打点をマーク。これにより打者としてはホームラン数40、打点100、得点100、盗塁20以上を決め、投手としても投球回数100、奪三振数150を超えるシーズンを締めくくった。100打点を最終戦で決めるなどSHO TIMEと称される所以。日本人として100打点は、2007年の松井秀喜(通算4度マーク)以来。

■第9位 ヤンキース戦、無安打でも度肝を抜くホームスチールで勝利

MVP発表時にも絶賛されていた大谷のスピードは、8本の三塁打、26個の盗塁という数字に現れているが、野球の醍醐味として記憶に残る試合がこちら。8月31日にアナハイムで行われたニューヨーク・ヤンキース戦で大谷は無安打に終わる。しかし4回に四球で出場するとMLB通算50盗塁となる二盗を決め、さらに敬遠で出塁した5回には三進し、2死一、三塁となった場面、一塁ランナーのフィル・ゴセリンが二盗、キャッチャーのゲイリー・サンチェスが二塁へ送球する間に大谷がホームを陥れ生還。6対4のチーム勝利に貢献した。ホームインの際、自らセーフのジェスチャーで喜ぶ大谷は、まさにリトルリーガーが野球を楽しむようだ。

■第8位 オールスター・ホームラン・ダービーでソトとの激闘

日本人として初めてオールスターのホームラン・ダービーに出場した大谷は、1回戦でワシントン・ナショナルズのファン・ソトと対戦。制限時間3分の戦いでともに22本となり、いきなりタイブレーク。大谷は休憩中も「きっつー!」と大汗でその感想を漏らしながら満面の笑み。次の1分の勝負でも、ともに6本と譲らず、2度目のタイブレークへ突入。3スイング勝負で先にソトは3本をスタンドに放り込み、大谷にプレッシャーをかける。大谷は初球をミスショットして打球はゴロに。残念ながらダービー1回戦敗退が決まった。しかし、タイブレークも手伝い1回戦出場8選手中、最多6本の500フィート弾を放ち、期待に応えた。日本中の野球好きが手に汗を握った勝負だったろう。

■第7位 ゴジラ松井秀喜越えの日本人シーズン最多の32号弾

大谷は7月7日、2番DHでボストン・レッドソックス戦に出場すると、5回に第32号となるソロホームランを放った。これが決勝点となり、チームを勝利に導いた。この一発で大谷は2004年、当時ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜が記録したシーズン31本のホームランを抜き、日本人最多記録をオールスター・ブレイク前に更新。松井本人からも絶賛された。

日本人シーズン最多本塁打10傑は以下の通り(2021年シーズン終了現在)。

1位 大谷翔平 46本 2021年
2位 松井秀喜 31本 2004年
3位 松井秀喜 28本 2009年
4位 松井秀喜 25本 2007年
5位 松井秀喜 23本 2005年
6位 大谷翔平 22本 2018年
7位 松井秀喜 21本 2010年
8位タイ(18本)
井口資仁 2006年
城島健司 2006年
大谷翔平 2019年

■第6位 サイ・ヤング賞にふさわしい6回無失点8奪三振の快投

大谷は7月19日「2番・投手」としてオールスター明けに初登板。オークランド・アスレチックス戦敵地で6回無失点8奪三振の快投を見せた。今シーズンは投手としてよりも、常にホームランを始め打者としてのトピックスが多い中、胸のすくような奪三振と零封劇を見せた。また、多くの日本人が感じるように「好投しても勝ち星がつかない」という今季のエンゼルスを象徴するような試合でもあるという点もランクインの理由。

この試合を含め7月の大谷は、WHIPを0.70となっており、この数字は十二分にサイ・ヤング賞候補にふさわしい。2022年はすでにサイ・ヤング賞の「大穴」にも浮上しているだけ、来季もこうしたピッチングが期待される。

【MLB】大谷翔平は来季サイ・ヤング賞の“大穴” 米メディアが早速予想「球界で五指に入るポテンシャル」

■第5位 伝説の「ミスター・オクトーバー」レジー・ジャクソン越え

大谷は8月18日、デトロイト・タイガース戦で大台となる40号弾を放った。これは日本人選手として初めての快挙であると同時に、エンゼルスに在籍した左バッターとしても初めてシーズン40本の大台に乗せた。これまでの最多は「ミスター・オクトーバー」と呼ばれた伝説のレジー・ジャクソンが1982年に記録した39本。ちなみに、この頃のチーム名は「カリフォルニア・エンゼルス」だった。

「それの何がスゴイの」という読者は以下、ご参照のほど。

【MLB】大谷翔平が越えた伝説の「ミスター・オクトーバー」レジー・ジャクソン

■第4位 Oh, my goodness! Oh, my goodness! Shohei Ohtani, what can’t he doooo?

大谷が5月17日、「2番DH」で出場。2回第2打席で、高めややボール気味の球を叩き、メジャー単独トップとなる右越え13号3ランを放った。今季2度目の2試合連発で4戦3発の量産ぶり。

特にこの際の「Oh my goodness, oh my goodness. Shohei Ohtani, what can’t he do?」という実況の絶叫は、今シーズンもっとも印象的な中継と個人的に思うだけに、4位ランクインとした。「大谷にできないことはないのか」、誰もがそう思ったに違いない。

■第3位 MLB史上初「二刀流」でオールスター先発出場

大谷は「MLBオールスターゲーム2021」に「1番DH」そして先発投手として異例の二刀流出場。投手として1回のマウンドに上がった大谷は、先頭のフェルナンド・タティスJr.(サンディエゴ・パドレス)をカットボールで左飛、2番マックス・マンシー(ロサンゼルス・ドジャース)をストレートでつまらせ二ゴロ、そして、3番ノーラン・アレナド(セントルイス・カージナルス)はスプリットで遊ゴロと、ナ・リーグの猛者を三者凡退に抑え込んだ。これで2019年の田中将大(当時ニューヨーク・ヤンキース)に続き、日本人2人目の球宴勝利投手となった。

打者としては、マックス・シャーザーらの前に2打席で二ゴロ、一ゴロで2打数無安打。初出場初安打とはならなかったが、MLBは大谷をDHによる選出ながら投手として登板させるルール変更までも実施、まさに大谷一色に見えた球宴だった。

■第2位 MLB公式戦で初の「リアル二刀流」

大谷は4月4日、シカコ・ホワイトソックスを相手に「2番・投手」として今季初先発。ここから2021年の大谷の歴史的シーズンが始まった。大谷は4回と2/3を投げ7奪三振としながら3失点で勝敗はつかず。数字だけを見ると平凡ではありながら、自身は第1打席で先制のソロホームランを放ち、チームもサヨナラ勝ちを収めた。

なにしろ大谷本人が先日、日本記者クラブで行われた帰国記者会見において、今年もっとも印象に残ったとして、この試合をピックアップ。「今シーズンを戦い抜く中で、みんなが不安なくスタートできた」としているだけに、2位選出とした。

■第1位 まさに「ShoTIME」で「翔タイム」なホームイン

MLBファンなら、この試合のホームイン・シーンは何回も、いや何十回も目にしているに違いない。

7月2日のこの日、大谷は「2番DH」で先発出場。3回に右中間へ29号、続く4回には左翼席へ30号2ランという連発弾で、日本選手では松井秀喜に次ぐ2人目の30本を達成した。そればかりか、7対7の同点で迎えた9回1死に四球で出塁するとその後、二盗を決める。しかもこの二盗は味方の守備妨害を取られ、取り消された後の「2つ目の二盗」だった。さらにこの後、ウォルシュが右前打を放つと2塁から激走、サヨナラのホームに滑り込んだ。

この後、土まみれになりながら、セーフの判定を受けた大谷は寝っ転がったまま、何度も天に向け、両手を挙げガッツポーズ。さらに駆け寄ったチームメートに抱き起こされつつ、手荒い祝福を受ける。

大谷はシーズン終盤、「勝ちたい気持ちが強い」と発言し、チーム去就に絡んだ発言とメディアでも取りざたされたが、帰国会見でもチームが勝てずメンタル的に辛かったという趣旨の発言を残している。つまるところ大谷は、この日の試合のように、チームの勝利にこそ自身の喜びを見出しており、このガッツポーズこそが証左だろう。

大谷の勝利への渇望がはっきりと見てとれた、この試合を2021年のベストゲームとしたい。そして、来年はこんなリトルリーガーのようなガッツポーズが、さらに何度も見られることを期待しよう。

※日付はすべて現地時間

著者プロフィール

たまさぶろ●エッセイスト、BAR評論家、スポーツ・プロデューサー

『週刊宝石』『FMステーション』などにて編集者を務めた後、渡米。ニューヨークで創作、ジャーナリズムを学び、この頃からフリーランスとして活動。Berlitz Translation Services Inc.、CNN Inc.本社勤務などを経て帰国。

MSNスポーツと『Number』の協業サイト運営、MLB日本語公式サイトをマネジメントするなど、スポーツ・プロデューサーとしても活躍。

推定市場価格1000万円超のコレクションを有する雑誌創刊号マニアでもある。

リトルリーグ時代に神宮球場を行進して以来、チームの勝率が若松勉の打率よりも低い頃からの東京ヤクルトスワローズ・ファン。MLBはその流れで、クイーンズ区住民だったこともあり、ニューヨーク・メッツ推し。

著書に『My Lost New York ~ BAR評論家がつづる九・一一前夜と現在(いま)』、『麗しきバーテンダーたち』など。

《SPREAD》
page top