【ダンス】Dリーグ第4戦はBenefit one MONOLIZが涙の初勝利 初のSPダンサー起用が好結果呼ぶ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ダンス】Dリーグ第4戦はBenefit one MONOLIZが涙の初勝利 初のSPダンサー起用が好結果呼ぶ

新着 ビジネス
【ダンス】Dリーグ第4戦はBenefit one MONOLIZが涙の初勝利 初のSPダンサー起用が好結果呼ぶ
  • 【ダンス】Dリーグ第4戦はBenefit one MONOLIZが涙の初勝利 初のSPダンサー起用が好結果呼ぶ

日本発のプロダンスリーグ「第一生命 D.LEAGUE 20-21 REGULAR SEASON」(Dリーグ)は16日、第4戦(ROUND.4)が行われた。


システムエラーにより2度の音源トラブルが発生するという想定外の出来事もあったなか、Benefit one MONOLIZが84点を記録し初勝利を決めた。


◆【画像ギャラリー】Benefit one MONOLIZのパフォーマンス・結果一覧


■過去3戦は苦戦も……感無量の初勝利



SPダンサーとして起用された$AYAKA  (C)D.LEAGUE 20-21



Benefit one MONOLIZは、過去3戦でいずれも下位(9位→9位→7位)と苦しんでいたが、この日はチームディレクター・HALの戦友でもある、$AYAKAをSPダンサー(レギュラーメンバーではない期間限定で出演するダンサー)に迎えた編成で挑んだ。全チームを通じて初のSPダンサー起用だ。


レギュラーメンバーとの練習は1週間程度であったそうだが、本番では息のあった魅せるパフォーマンスを披露。審査員4名の採点でKADOKAWA DREAMSと並ぶ首位につけると、「オーディエンスポイント」(公式アプリからの視聴者投票数をもとに算出)でも15点を獲得し、初勝利となった。


チームリーダーのElina Mizunoは、初勝利を決めた直後のインタビューで「今だけは泣かせてもらっていいですか……」と切り出し、「みんな体を壊しかけて……それでもメンタルは壊しちゃいけないし、葛藤しながらずっとやってきて、何回もぶつかったり話し合ったりしたんですが……。感無量すぎます」とここまでの厳しかったラウンドを振り返りながら、涙とともに喜びを語った。


Dリーグ第5戦(ROUND.5)は3月3日に開催予定となっている。



Benefit one MONOLIZ(中央はHAL) (C)D.LEAGUE 20-21



【ダンス】「D.LEAGUE」(Dリーグ) 2月16日 第4戦情報、結果速報、現在の順位一覧


日本中の「ダンサー」に幸せをもたらすDリーグ 魂までが踊りだす喜びがここにある


文・SPREAD編集部

《SPREAD》
page top