別大マラソン日本人トップ吉田祐也がGMOアスリーツに内定 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

別大マラソン日本人トップ吉田祐也がGMOアスリーツに内定

スポーツ 短信
GMOインターネットは、男子陸上長距離の吉田祐也選手がGMOアスリーツの選手としての所属が内定したことを発表した。

現在、青山学院大学4年生の吉田選手は、全日本大学駅伝2018年大会で5区・区間賞、2019年大会で5区・区間3位、2020年の箱根駅伝では第4区・区間賞と区間新記録を樹立し、青山学院大学の総合優勝に貢献した。また、2020年2月に開催された別府大分毎日マラソンでは、マラソン初出場ながら2時間8分30秒をマーク。総合3位、日本人トップという結果を残している。

2020年4月1日(水)のGMOアスリーツ入社を予定している吉田選手は、「2024年パリオリンピック、2028年ロサンゼルスオリンピックのマラソン日本代表を目指します。社会人として走ることを楽しむ気持ちに加え、責任感を持って、長い時間をかけ地道に愚直に取り組んでいきます」とコメント。GMOアスリーツでは、吉田選手が競技活動に専念できるようにサポートしていく。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

スポーツ アクセスランキング

  1. 最も稼げるスポーツ競技は野球!サッカーは4位、じゃあ2位は?

    最も稼げるスポーツ競技は野球!サッカーは4位、じゃあ2位は?

  2. カワサキ「Ninja H2R」わずか26秒で時速400キロを達成し、世界記録樹立

    カワサキ「Ninja H2R」わずか26秒で時速400キロを達成し、世界記録樹立

  3. 【プロ野球】西武の新助っ人右腕バーチ・スミス 大谷翔平を空振り三振に仕留めた速球が光る

    【プロ野球】西武の新助っ人右腕バーチ・スミス 大谷翔平を空振り三振に仕留めた速球が光る

  4. バルセロナのエンリケ監督、改めてメッシを絶賛「誰とも比べられない」

  5. 卓球・水谷隼の手術部位は鼻、経過を綴る…「忍耐力に自信あったけど地獄」

  6. ナイキの「ファントム ビジョン」を実際に履いてみた…足への馴染み方がすごい!

  7. 中田英寿はゴルフでも一流になれるのか。「なぜドライバーを使うんだ?」

  8. 【プロ野球】7回2失点の広島・前田、緒方監督の初陣を飾れず

  9. イチローのジョークTシャツはどこで買える?すぐ買えるネットショップを紹介

  10. 【疋田智のバイシクル物語】尿意とペダルの不思議な関係

アクセスランキングをもっと見る

page top