中島イシレリ、“日本のホームタウン”龍ケ崎市を訪ねる 「日本でのラグビー人生がスタートした大切な場所」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中島イシレリ、“日本のホームタウン”龍ケ崎市を訪ねる 「日本でのラグビー人生がスタートした大切な場所」

新着 ビジネス
中島イシレリ、“日本のホームタウン”龍ケ崎市を訪ねる 「日本でのラグビー人生がスタートした大切な場所」
  • 中島イシレリ、“日本のホームタウン”龍ケ崎市を訪ねる 「日本でのラグビー人生がスタートした大切な場所」

ラグビー日本代表の中島イシレリ選手が11月12日、日本のホームタウンと呼ぶ茨城県龍ケ崎市を訪問した。


トンガ出身の中島選手は、高校卒業後に流通経済大学へ進学するため2008年に来日。龍ケ崎市で学生時代を過ごした。


思い出の地を訪れた中島選手は「母校の流通経済大学、龍ヶ崎市役所にW杯の報告と感謝の気持ちを伝えに訪問させていただきました」と第二の故郷への思いを綴った。


「龍ヶ崎は僕が初めて日本で暮らした場所、日本でのラグビー人生がスタートした大切な場所です」と当時を振り返る中島選手。この日は平日にもかかわらず、市役所や大学で大勢の人が出迎えてくれたと喜ぶ。


「平日の昼間でしたが市役所と大学で500人くらいの皆さんが集まってくれました。本当に嬉しかったです。ありがとうございました!」



 











この投稿をInstagramで見る


















 


2019.11.12 母校の流通経済大学、龍ヶ崎市役所にW杯の報告と感謝の気持ちを伝えに訪問させていただきました 龍ヶ崎は僕が初めて日本で暮らした場所、日本でのラグビー人生がスタートした大切な場所です。 平日の昼間でしたが市役所と大学で500人くらいの皆さんが集まってくれました。本当に嬉しかったです。ありがとうございました! 龍ヶ崎のみなさん、これからも僕の大事な日本のホームタウンとしてよろしくお願いします! #中島イシレリ #龍ヶ崎 #流通経済大学 #yeaboii


中島イシレリ ISILELI NAKAJIMA(@nakajima_isileli)がシェアした投稿 –




W杯前にも恩師と市長に挨拶


中島選手は『ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)』前にも母校を訪ね、ラグビー部の内山達二監督に挨拶している。


「トンガの高校でラグビーをしていた18才のぼくを、内山監督が見つけてくれました。感謝の気持ちを伝えにご挨拶に行ってきました」




市長を表敬訪問した際には「龍ヶ崎にある大学出身のラガーマンとして、がんばります!」と決意を語るなど、同地への思い入れは強い




《SPREAD》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top