伊藤美誠、オリンピック前哨戦にも「目の前の試合をやりきるのみ」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

伊藤美誠、オリンピック前哨戦にも「目の前の試合をやりきるのみ」

スポーツ 短信
伊藤美誠、オリンピック前哨戦にも「目の前の試合をやりきるのみ」
  • 伊藤美誠、オリンピック前哨戦にも「目の前の試合をやりきるのみ」

JA全農卓球ワールドカップ団体戦2019TOKYO』が11月6日に開幕した。2020年の東京五輪と同じ東京体育館で開催される今回のワールドカップは、五輪のテスト大会も兼ねている。


女子団体で世界ランク2位の日本は同ランク15位のオーストリアを相手に、1ゲームも落とさないオールストレート勝ちで圧倒。幸先良くスタートすると、続く同ランク10位のアメリカ戦も3-0で連勝した。




2試合で落としたのはアメリカ戦でチャン・リリー選手に許した1ゲームのみ。その他の試合では競り合う展開やリードされる場面もあったが、最終的にはストレートで勝利して予選グループ突破を決めた。


まずは目の前の試合をやりきる


試合後に石川佳純選手、伊藤美誠選手、平野美宇選手が国際卓球連盟のインタビューに答えた。


石川選手とのペアでダブルス2勝、シングルスでも1勝を挙げた平野選手は「2試合勝って予選1位通過できたのがすごく良かった。明後日の試合に向けて明日、調整したいです」と首位通過に喜びを見せた。



石川佳純選手・平野美宇選手 (c)Getty Images



石川選手はアメリカ戦の第3試合でチャン選手と対戦。今年10月の女子ワールドカップで4位入賞したチャン選手は、エース格が登場することの多い第2試合に出てくると予想されたが、想定外の対戦にも慌てることなく対応した


「チャン・リリー選手は、この前ワールドカップですごく良いプレーをしていて、いまホットな選手だと思う。誰が当たっても勝てるようにしっかり準備しました」


東京五輪のテスト大会も兼ねたワールドカップ団体戦だが、伊藤選手は「もちろんオリンピックの会場なんですけど、チームワールドカップはチームワールドカップという大会。目の前の試合をやりきるのみ」と今大会に集中している。



《SPREAD》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top