VR空間を疾走する通信対戦型の車いすエンターテイメント「CYBER WHEEL X」発表 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

VR空間を疾走する通信対戦型の車いすエンターテイメント「CYBER WHEEL X」発表

スポーツ 短信
VR空間を疾走する通信対戦型の車いすエンターテイメント「CYBER WHEEL X」発表
  • VR空間を疾走する通信対戦型の車いすエンターテイメント「CYBER WHEEL X」発表
  • VR空間を疾走する通信対戦型の車いすエンターテイメント「CYBER WHEEL X」発表
  • VR空間を疾走する通信対戦型の車いすエンターテイメント「CYBER WHEEL X」発表
  • VR空間を疾走する通信対戦型の車いすエンターテイメント「CYBER WHEEL X」発表
  • VR空間を疾走する通信対戦型の車いすエンターテイメント「CYBER WHEEL X」発表
  • VR空間を疾走する通信対戦型の車いすエンターテイメント「CYBER WHEEL X」発表
  • VR空間を疾走する通信対戦型の車いすエンターテイメント「CYBER WHEEL X」発表
  • VR空間を疾走する通信対戦型の車いすエンターテイメント「CYBER WHEEL X」発表
ワントゥーテン(1→10)は、四次元体験の通信対戦型VR車いすエンターテイメント「CYBER WHEEL X(サイバーウィル エックス)」を発表した。

「CYBER WHEEL X」は、世界初の試みである車いすマラソンやレースの魅力を伝えるVRエンターテイメント「CYBER WHEEL(サイバーウィル)」の進化バージョンだ。モータースポーツやロボット、パラスポーツのギアのデザイン・技術開発を手がけるRDSと共同で開発。アップデートにより、直線だけだったコースにカーブやアップダウン(勾配)などの表情をもたせ、モーターによる負荷制御で体験性を強化している。

CYBER WHEELは、実際に選手が使用している車いすロードレーサーを未来型にデザインしており、ハンドリム(駆動輪を回す手すり)をこぐことで、バーチャル・リアリティ(VR)空間を疾走できる。CYBER WHEEL Xでは、3D空間を疾走するコースや通信対戦、データ対戦が可能だ。

千葉工業大学未来ロボット技術研究センター(fuRo)協力のもと、ハンドリムウエイトの技術を導入しており、より実践に近い車いすレースを体験することができ、レース中は上り坂では負荷がかかり、下り坂では加速する。東京の街をスキャンした3Dの未来都市空間を疾走するコースも楽しめる。

障がい者が車いすレースを練習できるトレーニングモードも用意。世界記録やトップレーサーとのデータ対戦、ハンドリムの回転数の確認や負荷の調整ができる。

《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top