八村塁、神様からの電話に動揺!?『ジョーダンブランドアスリート トークイベント』 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

八村塁、神様からの電話に動揺!?『ジョーダンブランドアスリート トークイベント』

スポーツ 短信
八村塁、神様からの電話に動揺!?『ジョーダンブランドアスリート トークイベント』
  • 八村塁、神様からの電話に動揺!?『ジョーダンブランドアスリート トークイベント』

2019年8月16日、NIKE HARAJUKUにて『ジョーダン ブランド アスリート 八村塁トークイベント』が開催された。




撮影:戸嶋ルミ



若きスーパースターの凱旋&トークイベントとあってバスケットボールファンから注目を集めていたが、この日の参加者は抽選で選ばれた約170名のみという超プレミアイベントとなった。


イベントMCを務めるバスケットボール解説者・アナリストの佐々木クリスさんの呼び込みで八村選手が登場。長身だが威圧感はなく、温和なオーラを纏った好青年という雰囲気が何とも印象的である。




撮影:戸嶋ルミ



怒涛のドラフトウィークを経験して


NBAドラフト指名以降初の凱旋帰国ということもあり、まずはドラフトの当時の様子について語ってくれた。


八村:「僕が覚えているのはドラフト当日のことだけではなくて、一週間全体が“ドラフトウィーク”ということで。メディア対応やイベント出演などもあって、すごい一週間だったということですね。今までに感じたことのないような気持ちになりました」




撮影:戸嶋ルミ



八村:「(ドラフト指名を受けたことについては)よくみんな『夢を見ているような気持ちになった』と言うんですが、本当にそんな感じで。僕も、自分が今どこにいるのかもわからないような感覚になって。ドラフトされたあとはまさに “人生が変わった”という感じです」


八村選手は普段から堂々として落ち着きがあるのでそんな心境になっていたようには見えませんでしたよ、とクリスさん。それに対して八村選手はこう語った。


八村:「そうですね、僕も正直その日動揺しました。(自分にとってドラフト指名を受けたということが)それほど大きいイベントだったということなんだと思います。(ドラフト会場には)妹は来られなかったのですが、家族と最高の瞬間を過ごせたことはとても嬉しかったです」




(c)Getty Images



“神様”からの電話も 日本人初のジョーダンブランド契約


NBAドラフトでのことは記憶に新しいが、実は八村選手はその直後にもう一つの”快挙”を達成していた。それは、日本人初のNIKE「ジョーダンブランド」との契約を結んだのだ。




撮影:戸嶋ルミ



“バスケットボールの神様”マイケル・ジョーダンから生まれたこのブランドと契約するということは、バスケットボール選手としてこの上ない名誉と言っても過言ではない。


また、ドラフト指名直後の契約ということも大変注目を集めた。八村選手の経歴や成績だけでなく、立ち居振る舞いや価値観が高く評価されていること、そして期待度の高さが感じられる。




撮影:戸嶋ルミ



そして、このジョーダンブランド契約にあたり、なんとマイケル・ジョーダンさん本人から八村選手に直接電話があったという。


八村:「今もジョーダンから電話があったことを思うと鳥肌が立つくらいです。僕が小さい頃から憧れていたブランドなので。『ジョーダンブランドクラシック』というニューヨークで行われたキャンプに参加させていただいたんですが、そのときにジョーダンのシューズを本当に気に入ったという経緯があるんです。それ以降ずっとジョーダンのシューズしか履いてなくて」


八村:「ドラフトの前から(ジョーダンブランドとの)契約の話はあったのでNIKEの施設を訪問させていただいたことがあったんですが、そのときにNIKEの方がみんな僕の“RUI”って書いてあるTシャツを着ていたんです。それを見て『すごいことになってるな……』って思って(笑)その日にジョーダンから電話を頂いたんですが、こうやって契約させていただけることになって本当に光栄に感じています」




撮影:戸嶋ルミ



――ジョーダンさんからの電話ではどのようなことを話したか


八村:「“Welcome to JORDAN FAMILY”と言われたことしか覚えてないです(笑)僕もすごい動揺してしまって、急にNIKEの社員の人から声を掛けられて電話を替わったんですが、(電話のディスプレイに)“MJ”って表示されてて。MJって、あのMJ? と思って出たらジョーダンだったんですよ。もう僕はずっとThank you,thank youとしか言ってなかったですね。本当に動揺しててよくわかんなくなっちゃってて、なにか聞きたいことはあるかって言われたんですけど『ない! ない!』って(笑)


八村:「ジョーダンは僕のことをキャンプのときからずっと見ていてくれていたらしくて、そのことは全然知らなかったのですごく嬉しいことですね」


いつでもクールな八村選手も、さすがに神様からの電話には焦ったのだろう。ユーモアたっぷりのトークに、会場は笑い声に包まれていた。




撮影:戸嶋ルミ



≪写真・文:戸嶋ルミ≫


《SPREAD》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top