羽生結弦の背中に見える「謎の棒」…正体はラケット?はたまた魔法のステッキ? | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

羽生結弦の背中に見える「謎の棒」…正体はラケット?はたまた魔法のステッキ?

スポーツ 短信
羽生結弦の背中に見える「謎の棒」…正体はラケット?はたまた魔法のステッキ?
  • 羽生結弦の背中に見える「謎の棒」…正体はラケット?はたまた魔法のステッキ?

3月18日、フィギュアスケートの羽生結弦選手が羽田空港に到着。2018年11月のロシア杯で右足首を痛めて以来、約120日ぶりに公に姿を現した。

この日、上下黒のシックないでたちで羽田空港の到着ロビーに現れた羽生選手。ケガの影響を感じさせない足取りで通路を歩く姿に多くのファンがホッとしたことだろう。

しかし、一部の注意深いファンの目は、羽生選手が背負った「謎の棒」へ釘付けになった。羽生選手の背負ったリュックサックから、テニスラケットのグリップのようなものが飛び出ていたのである。

この「謎の棒」の正体をめぐっては、ツイッター上でも議論が勃発。

様々な意見が飛び出る中で、現在有力なのは「筋膜リリースに使う棒なのでは?」というものだ。首裏や太もも裏などに当ててマッサージするように使うストレッチ器具だという。

なるほど確かに、柄の部分だけ見るとラケットのグリップのようにも見える。ストレッチ器具だとすれば、アスリートの羽生選手が持ち歩いていたとしても納得だ。

果たして「謎の棒」の正体は何なのか。正しい答えは分からず終いだが、いつか羽生選手の口から語られる日が来るかもしれない……。

《SPREAD》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top