日本代表の「謎ポーズ」そっくり?ピケのパフォーマンスに込められた夫婦の絆 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日本代表の「謎ポーズ」そっくり?ピケのパフォーマンスに込められた夫婦の絆

スポーツ 選手
日本代表の「謎ポーズ」そっくり?ピケのパフォーマンスに込められた夫婦の絆
  • 日本代表の「謎ポーズ」そっくり?ピケのパフォーマンスに込められた夫婦の絆

アジアカップ大会期間中にサッカー日本代表が見せた謎ポーズ。

最初は1月24日のベトナム戦でPKを決めた堂安律選手が見せ、まったく流行らないポーズとして槙野智章選手がインスタグラムで真似をした。

両手の人差し指と中指を立て、チョキの形にした状態で胸の前でクロスさせるポーズだが、実はこれとよく似たポーズを見せる海外選手がいる。

FCバルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケ選手だ。

 

View this post on Instagram

 

Gran nit al Camp Nou. #BarçaRoma

Gerard Piquéさん(@3gerardpique)がシェアした投稿 –

ピケ選手がこのポーズをゴールパフォーマンスに取り入れ始めたのは2011年から。

きっかけはコロンビア出身の歌手シャキーラさんとの交際が始まったことだった。

W杯が引き合わせたピケとシャキーラ

ピケ選手とシャキーラさんの馴れ初めは、2010年のFIFA南アフリカ・ワールドカップ(W杯)まで遡る。

当時すでに世界的な歌手だったシャキーラさんは、大会のテーマソング『Waka Waka』の歌唱を担当したが、このビデオクリップにピケ選手が参加したことで2人は出会った。

連絡先を交換したピケ選手とシャキーラさんは連絡を取り合う仲になったが、本格的な交際に発展するきっかけはW杯での劇的な再会だった。

大会前に「W杯の閉会式で歌うことになった」と連絡をもらったピケ選手は「だったら君と再び会うためには、決勝まで勝ち進まないといけないね」と返答。

その言葉通りスペイン代表は決勝に勝ち上がり、オランダを延長戦の末に下して同国史上初のW杯制覇を成し遂げている。

これ以降、2人の仲は急ピッチで進展したとピケ選手は明かしている。

ポーズの由来は夫婦の誕生日

シャキーラさんとの交際開始と同時期に始めたポーズには、2人の間の”とある縁”が関係している。

 

View this post on Instagram

 

Seguim! #BarçaVillarreal

Gerard Piquéさん(@3gerardpique)がシェアした投稿 –

実はピケ選手とシャキーラさんは共に2月2日生まれ。年齢はシャキーラさんのほうが10歳上だが、誕生日は365分の1の確率で一緒なのだ。

両手の二本指を立てるポーズは夫婦の共通点に由来している。

ポーズの改変から破局説が流れたことも

ピケ選手とシャキーラさんは、付き合い始めた当初から交際を隠さずオープンにしてきた。

メディアのインタビューに対しては「一目惚れだった」と惚気るなど、夫婦仲の良さをうかがわせる。

しかし、2017年にはゴール後のパフォーマンスに端を発する不仲説が流れたこともある。

2017年9月に行われたエスパニョール戦でゴールを決めたあと、いつものように胸の前で腕をクロスさせたピケ選手だが、立てた指の数は4本ではなく3本だった。

このポーズが夫婦の絆に由来することを知っているスペインメディアは、ピケ選手とシャキーラさんの破局説を報じた。

しかし、騒動が過熱するなかでピケ選手はインスタグラムのストーリーにシャキーラさんと子供たちの写真を載せ、騒がれているような事実はないことを示した。

その後のインスタグラムを見ても家族4人の仲睦まじい様子がたびたび投稿されており、破局説を一笑に付しているかのよう。

 

View this post on Instagram

 

Familia.

Gerard Piquéさん(@3gerardpique)がシェアした投稿 –

ダービー相手のエスパニョールには並々ならぬ闘志を見せるピケ選手。これ以外にも舌禍事件を起こしたことがあり、その闘争心が誤解を招いてしまったのかもしれない。

(c)Getty Images

(c)Getty Images

(c)Getty Images

(c)Getty Images

(c)Getty Images

《SPREAD》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top