スポーツ選手の肉離れなどの筋損傷リスクに関連する遺伝要因を解明…順天堂大学 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

スポーツ選手の肉離れなどの筋損傷リスクに関連する遺伝要因を解明…順天堂大学 画像 スポーツ選手の肉離れなどの筋損傷リスクに関連する遺伝要因を解明…順天堂大学

スポーツ 短信

順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科の研究グループは、トレーニングなどの外的要因だけでなく、遺伝子多型といった内的要因がスポーツ選手のスポーツ傷害リスクになることを明らかにした。

研究により、エストロゲン受容体遺伝子の個人差の1つであるT/C遺伝子多型(SNP) が、筋スティフネス(筋硬度)を介して肉離れなどの筋損傷リスクに関連することがわかった。

まず、トップレベルの日本人アスリート1,311名を対象にした調査を実施。筋損傷の受傷歴とエストロゲン受容体遺伝子多型の関連を調べたところ、SNPのT/C多型のCの塩基を持つアスリートは筋損傷の既往歴が低く、筋損傷リスクがCの塩基を1つ持つごとに30%低下することが明らかになった。

次に、筋損傷の危険因子である筋スティフネスに着目。成人男女261名を対象にした調査を行ったところ、筋損傷のリスクが低いCの塩基を持つ対象者は、筋スティフネスが低かった。

これらの研究結果から、エストロゲン受容体遺伝子多型のCの塩基を持つ者は筋スティフネスが低く、筋損傷の受傷率が低いことが示唆される。また、ストレッチによる筋スティフネスの低下が一過性にパフォーマンスを低下させるといった知見もあるが、研究結果は日常的なストレッチが筋損傷の予防に重要であることも示唆している。

遺伝子多型といった内的要因がスポーツ傷害のリスクになることが明らかになったことから、外的要因だけでなく遺伝情報も考慮した新たなスポーツ傷害の予防プログラム確立への貢献が期待される。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

スポーツ アクセスランキング

  1. クリスティアーノ・ロナウドが酒、タバコをやらず、身体に刺青を入れない理由

    クリスティアーノ・ロナウドが酒、タバコをやらず、身体に刺青を入れない理由

  2. 稲村亜美「鉄拳」コスプレ姿で“神スイング”を披露!

    稲村亜美「鉄拳」コスプレ姿で“神スイング”を披露!

  3. 【THE ATHLETE】世界が興奮!ラグビー日本代表の大金星、ラストワンプレーで大逆転を遂げた強い心

    【THE ATHLETE】世界が興奮!ラグビー日本代表の大金星、ラストワンプレーで大逆転を遂げた強い心

  4. 香川真司、本田圭佑&長友佑都とのミラノ旅「何処に行くか?ではなく誰と会うか?」

  5. マラソン直前には何を食べたらいいの?高橋尚子「力うどんをおかずにご飯を食べます」

  6. ナダルの結婚をフェデラー、ジョコビッチが祝福 結婚生活とテニス選手の両立についてもアドバイス

  7. プロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」をスカイAが放送

  8. 日本人陸上選手が外国人選手に勝てない理由…カギを握る「裸足文化」

  9. ダラス・カウボーイズ、今季残り試合はケレン・ムーアを先発QB起用

  10. 伊東純也の寝顔に「かわいい」の大反響、山崎亮平はオフのベルギー旅行を計画?

アクセスランキングをもっと見る

page top