ARを使ったアイデアを考える中高生向け「スポーツハッカソン」8月開催 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ARを使ったアイデアを考える中高生向け「スポーツハッカソン」8月開催

イベント スポーツ
ARを使ったアイデアを考える中高生向け「スポーツハッカソン」8月開催
  • ARを使ったアイデアを考える中高生向け「スポーツハッカソン」8月開催
  • ARを使ったアイデアを考える中高生向け「スポーツハッカソン」8月開催
  • ARを使ったアイデアを考える中高生向け「スポーツハッカソン」8月開催
フューチャーイノベーションフォーラム(FIF)は、AR(拡張現実)を使ってスポーツイベントを盛り上げるアイデアを考え、実装する「スポーツハッカソン」を8月7日(火)に開催する。

「スポーツハッカソン」は、ARプログラミングを学び、スポーツイベントをテーマにアイデを考え、発表するイベントだ。対象は、中学3年生~高校3年生。ARプログラミングを学習後、スポーツイベントをテーマにアイデア発想ワークを行う。最後に、考えたアイデアのプロトタイプを作成して発表する。

審査員はプロフィギュアスケーターの安藤美姫、パラアイスホッケー日本代表の上原大祐ほか、スポーツやIT教育の専門家。表彰後は、審査員とのトークセッションを実施する。最優秀チームには、VRを楽しめる賞品が贈られる。

開催日時は、8月7日(火)10:00~17:00。会場は、フューチャーアーキテクト(東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark 9F)。参加無料。申込みはFIF公式サイトから行う。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top