対決できるアクティビティを設置した屋内アスレチック施設「TONDEMI HEIWAJIMA」7月オープン | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

対決できるアクティビティを設置した屋内アスレチック施設「TONDEMI HEIWAJIMA」7月オープン

バンダイナムコアミューズメントと京急開発は、屋内アスレチック施設「SPACE ATHLETIC TONDEMI“HEIWAJIMA”(スペースアスレチック トンデミ “ヘイワジマ”)」を7月12日(木)、BIGFUN平和島にオープンする。

ライフ 社会
対決できるアクティビティを設置した屋内アスレチック施設「TONDEMI HEIWAJIMA」7月オープン
  • 対決できるアクティビティを設置した屋内アスレチック施設「TONDEMI HEIWAJIMA」7月オープン
  • 対決できるアクティビティを設置した屋内アスレチック施設「TONDEMI HEIWAJIMA」7月オープン
  • 対決できるアクティビティを設置した屋内アスレチック施設「TONDEMI HEIWAJIMA」7月オープン
  • 対決できるアクティビティを設置した屋内アスレチック施設「TONDEMI HEIWAJIMA」7月オープン
  • 対決できるアクティビティを設置した屋内アスレチック施設「TONDEMI HEIWAJIMA」7月オープン
  • 対決できるアクティビティを設置した屋内アスレチック施設「TONDEMI HEIWAJIMA」7月オープン
  • 対決できるアクティビティを設置した屋内アスレチック施設「TONDEMI HEIWAJIMA」7月オープン
  • 対決できるアクティビティを設置した屋内アスレチック施設「TONDEMI HEIWAJIMA」7月オープン
バンダイナムコアミューズメントと京急開発は、屋内アスレチック施設「SPACE ATHLETIC TONDEMI“HEIWAJIMA”(スペースアスレチック トンデミ “ヘイワジマ”)」を7月12日(木)、BIGFUN平和島にオープンする。

「TONDEMI」は、トランポリンやクライミングなどのアクティビティを体験できる次世代型アスレチック施設だ。TONDEMI初の東京都内出店となる「SPACE ATHLETIC TONDEMI “HEIWAJIMA”」は、京急創立120周年記念事業の一環として京急開発が誘致。従来の約3倍の施設面積と新規遊具を導入している。

テーマは“対決”!「Next Stage Of TONDEMI」。国内最大級のトランポリンエリアでは、ジャンプだけでなくダンクシュートやドッジボール、バレーボールなどの対決が楽しめる。クライミングウォールエリアには、難易度の異なる13種類、19コースを用意。ウォールの高さは最大10m。2人のプレーヤーが向かい合って登ったり、ゴールに到達するタイムを競うもの等を設置している。

ロープウォークエリアには、アメリカのROPES COURSES社製「Sky Trail Discovery」を国内初導入。高さ約3.5m、全長111.63mの高所に張り巡らせたロープ上を安全帯を着けて前進し、コース最後で約18mの距離を滑り降りるジップスライダーを体験できる。その他、エアー障害アスレチックコース、ペダルカートエリア、アミューズメントエリア、未就学の子ども向け「キッズエリア」を用意。大人から子どもまで楽しめる。

所在地は、BIGFUN平和島(東京都大田区平和島1丁目1-1)。営業時間10:00~21:00。不定休。利用料金(ひとり/120分)フリーパス2,900円。初回登録料500円(ソックス付)、保護者入場料500円。アクティビティごとの料金プラン有り。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top