夢のシューズ「ナイキ エピック リアクト フライニット」…軽量・耐久性・反発性・クッション性を兼ね備える | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

夢のシューズ「ナイキ エピック リアクト フライニット」…軽量・耐久性・反発性・クッション性を兼ね備える

ナイキジャパンは2月1日、最先端イノベーションを搭載し、クッション性と反発性を併せ持つ新たなランニングシューズ「ナイキ エピック リアクト フライニット」を発表した。

新着 製品/用品
ナイキ エピック リアクト フライニット
  • ナイキ エピック リアクト フライニット
  • ナイキ エピック リアクト フライニット
  • ナイキ エピック リアクト フライニット
  • ナイキ エピック リアクト フライニット
ナイキジャパンは2月1日、最先端イノベーションを搭載し、クッション性と反発性を併せ持つ新たなランニングシューズ「ナイキ エピック リアクト フライニット」を発表した。

「ナイキ エピック リアクト フライニット」最大の特徴は、軽量・耐久性・柔軟性・反発性という対極的な4つの要素をすべて兼ね備えたバランスのいいシューズであるということ。



素材が柔らければ、エネルギーを吸収する。その逆に、エネルギーリターンが高いのは固い素材。一般的なフォームではクッション性か、あるいはエネルギーリターンかどちらかの選択となってしまう。また、それが軽いか、耐久性があるかの選択も必要となる。通常、すべてをかなえるのは難しいが、それをかなえたのがナイキの最新のクッショニング・イノベーションなのである。

この無理難題ともいえる4要素を兼ね備えるクッション材を開発するまでに、開発チームは3年もの歳月を費やしたという。

発表会の最後には、メディア向けのトライアルセッションも行われ、ナイキエキスパートの秋本真吾さんの指導の下、クッション性を体感することができた。



ただのスキップをするだけでも普通のランニングシューズでは味わうことのできないクッション性にも関わらず、しっかりした反発性も持っている。少しのジョギングでも、シューズの凄さを味わうことができた。

すぐに走り出したくなる・飛び上がりたくなるシューズ「ナイキ エピック リアクト フライニット」は、NIKE.COMと一部の小売店で発売される。
《北川雄太》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top