武尊、K-1最高試合賞も悔しさ「2018年はMVP獲れるように頑張ります!」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

武尊、K-1最高試合賞も悔しさ「2018年はMVP獲れるように頑張ります!」

スポーツ 選手
ボクシング イメージ
  • ボクシング イメージ
1月14日に都内で『K-1 AWARDS 2017』が開催された。2017年に活躍したプロ、アマチュアの優秀選手賞を表彰するイベントで、年間最高試合賞には4月22日に行われた武尊対ビクトー・サラビア戦が選ばれた。

この試合で武尊はサラビアのローブローにより深いダメージを負ってしまう。しかし、そこから立ち上がり、最後はKOでサラビアを下した。アクシデントを乗り越えた一戦が高く評価されたが、武尊は喜びながらも「2018年はMVP獲れるように頑張ります!」と、最優秀選手賞との二冠を逃したことに悔しさを見せた。

同イベントでプレゼンターを務めたボクシング元世界王者の亀田興毅も、「悔しそうな表情を見て、この選手は今年もファンを楽しませてくれると確信した」と武尊の向上心に感心する。

3月の大会で大雅が保持するK-1スーパー・フェザー級タイトルに挑戦する武尊。前人未踏の三階級制覇で2018年MVPに近づけるか。


「K-1 AWARDS 2017」のプレゼンターとして参加した。俺が務めたのは年間最高試合賞で受賞したのが新生K-1のカリスマ武尊選手。何度か試合を見に行っているがいつも激しい打ち合いで観客を熱狂させる試合をする。今日印象深かったのが、「最優秀選手賞に選ばれなくて悔しい」と言っていていた事。悔しそうな表情を見て、この選手は今年もファンを楽しませてくれると確信した。次戦は3月21日さいたまスーパーアリーナでK-1史上初となる三階級制覇をかけての試合。今年のK-1も益々盛り上がりそうだ。 #K1 #武尊 #k1awards2017 #プレゼンター #亀田興毅 #カリスマ #仕上がってる #いききってる #勢いある選手達を見て歳を取ったと思った #今の俺には勢いがない #ファイターではないから仕方ない #だが頭は成長している #全てが整いさえすれば…

亀田興毅さん(@kokikameda)がシェアした投稿 -

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top