パドックや地下馬道を走る「バックヤードマラソンin中京競馬場」開催 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

パドックや地下馬道を走る「バックヤードマラソンin中京競馬場」開催

JTB中部は、普段入ることのできない施設の中を走ることができる「バックヤードマラソンin中京競馬場」を5月12日(土)にJRA中京競馬場にて開催する。

イベント スポーツ
イメージ
  • イメージ
JTB中部は、普段入ることのできない施設の中を走ることができる「バックヤードマラソンin中京競馬場」を5月12日(土)にJRA中京競馬場にて開催する。

「バックヤードマラソン」は、普段入ることのできない施設をコースとして行うマラソンで、今回は馬が出走前に歩く「パドック」をメイン会場として実施。馬が移動するための「地下馬道」、レース走路の内側にある「馬場管理用道路」もマラソンコースになっている。コースは1周2.5km。

開催種目は、仲間や家族などで構成したチーム同士で競う「5時間耐久リレーマラソン」、個人でチャレンジできる「10kmマラソン」、小中学生の子供と高校生以上の大人のペアで走る「ファミリーラン」の3種目。当日は、中京競馬場に競馬(他場開催)を見に来る一般客もいる中で走るため、非日常的な爽快感を味わうことができる。

会場は、JRA中京競馬場(愛知県豊明市 間米町敷田1225)。エントリー料 5時間耐久リレーマラソン 高校生以上3,800円、小中学生1,800円(1チーム7名以上申込で1名当たり300円引き)、10kmマラソン 高校生以上3,800円、小中学生1,800円、ファミリーラン 高校生以上2,000円、小中学生800円。申込みは公式ホームページから行う。4月10日(火)締切。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top