巨人、吉川光夫が6回無失点で移籍後初勝利…阪神は岩田稔が誤算 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

巨人、吉川光夫が6回無失点で移籍後初勝利…阪神は岩田稔が誤算

スポーツ 短信

阪神甲子園球場
  • 阪神甲子園球場
巨人は9月13日、甲子園球場で阪神と対戦。先発の吉川光夫投手が6回無失点の好投を見せるなど投打がかみ合い、7-2で勝利した。

巨人は0-0で迎えた2回表、走者一、二塁の好機を作ると、小林誠司捕手が適時打を放ち1点を先制。その後も陽岱鋼外野手の適時打やマギー内野手の今季第16号となる3点本塁打など打線がつながり、6-0と大量リードを奪った。

投げては、先発の吉川が阪神打線を封じて、日本ハムからの移籍後初勝利を挙げた。敗れた阪神は、9回裏に糸井嘉男外野手の本塁打で2点を返すも、反撃はそこまでだった。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top