FC東京、篠田善之監督を解任「現状打破の想いに弱さがあった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

FC東京、篠田善之監督を解任「現状打破の想いに弱さがあった」

スポーツ 短信
サッカーボール イメージ
  • サッカーボール イメージ
J1リーグのFC東京が9月10日に篠田善之監督を解任した。開幕前に大久保嘉人や高萩洋次郎らを補強し、タレントは十分と臨んだ今季。しかし、チームはリーグ10位に沈み指揮官が成績不振の責任を取ることになった。

篠田監督はクラブを通じて、「日頃より、温かいご声援をいただき、本当にありがとうございました。期待に沿えるような成績を残すことができず、ファン・サポーターやすべてのFC東京に関わるみなさまに大変申し訳なく思っております」とコメントしている。

また、クラブは大金直樹代表の名前でも『ファン・サポーターのみなさまへ』というリリースを出し「公式戦5連敗となり、結果・内容ともにご期待に応えられないことに、ご支援ならびにご声援を賜りましたすべてのファン・サポーターのみなさまに対しまして、深くお詫びを申し上げます」と陳謝。

監督交代の大鉈を振るったことに関しては「一事が万事、クラブ全体として危機感や現状打破の想いに弱さがあったということだと思います。ただ今申し上げますことは、あらゆる努力をはらい、残りのシーズンを戦っていく決意です」と語っている。



クラブの決定にファンからは、「決断が遅すぎたくらい」「監督ばっかりコロコロ替えても意味ない。このクラブの問題は根幹にある」「タレントが揃ってて監督も悪くないのに勝てないチームのイメージが定着してしまった」「良い時に良いのは当然。主力が怪我で抜けたときに立て直す力がなかった」などの声が寄せられている。

安間貴義コーチが暫定的に指揮を執ることも発表された。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top