ガンバ大阪「吹田スタジアムフェスタ」で高臨場感パブリックビューイング実証実験実施 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ガンバ大阪「吹田スタジアムフェスタ」で高臨場感パブリックビューイング実証実験実施

イベント スポーツ

ガンバ大阪「吹田スタジアムフェスタ」で高臨場感パブリックビューイング実証実験実施
  • ガンバ大阪「吹田スタジアムフェスタ」で高臨場感パブリックビューイング実証実験実施
  • ガンバ大阪「吹田スタジアムフェスタ」で高臨場感パブリックビューイング実証実験実施
パナソニックとNTTグループは、ガンバ大阪と吹田市が9月16日(土)に開催する「吹田スタジアムフェスタ2017」にて、高臨場感パブリックビューイングのビジネス化に向けた実証実験を実施する。

高臨場感パブリックビューイングでは、大型スクリーンと臨場感ある音響で、遠隔地で開催中のアウェイ戦をホームスタジアムで観戦する。対象試合は、明治安田生命J1リーグ第26節「大宮アルディージャ 対 ガンバ大阪」となる。

実証実験では、試合映像をNTTグループが提供する高品質の映像伝送サービスによりリアルタイム伝送し、パナソニックが提供する高輝度3万ルーメンのレーザープロジェクターによって国内最大級の幅16メートル×高さ9メートル(720インチ)のエアスクリーンに映像を投影する。また、屋外大型ラインアレイスピーカーも使用。特別解説とともに試合の歓声を響き渡らせる。

吹田スタジアムフェスタ2017は、9月16日(土)11:00~20:00開催。会場は、市立吹田サッカースタジアム(大阪府吹田市千里万博公園3-3)。入場無料。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top