12歳以下世界一を決めるダノンネーションズカップを目指せ!…前園真聖と澤穂希がエール | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

12歳以下世界一を決めるダノンネーションズカップを目指せ!…前園真聖と澤穂希がエール

「ダノンネーションズカップ2018 in JAPAN」が2017年11月から2018年4月にかけて国内各地で開催されることになり、9月4日にフランス大使館で記者発表会が行われた。

スポーツ 短信
「ダノンネーションズカップ2018 in JAPAN」に注目する大会アンバサダーの前園真聖(右)とゲストの澤穂希(2017年9月4日)
  • 「ダノンネーションズカップ2018 in JAPAN」に注目する大会アンバサダーの前園真聖(右)とゲストの澤穂希(2017年9月4日)
  • 「ダノンネーションズカップ2018 in JAPAN」大会アンバサダーの前園真聖
  • 「ダノンネーションズカップ2018 in JAPAN」大会アンバサダーの前園真聖
  • 「ダノンネーションズカップ2018 in JAPAN」大会アンバサダーの前園真聖
  • 世界の頂点に立った 2011年FIFA女子ワールドカップで得点王とMVPを獲得した澤穂希
  • 軽快なサッカートークを繰り広げる澤穂希と前園真聖
  • 世界の頂点に立った 2011年FIFA女子ワールドカップで得点王とMVPを獲得した澤穂希
  • 「日本勢はフェアプレーでも本大会で評価されている」とダノンジャパンの松田実副社長
「ダノンネーションズカップ2018 in JAPAN」が2017年11月から2018年4月にかけて国内各地で開催されることになり、9月4日にフランス大使館で記者発表会が行われた。

発表会では、大会アンバサダーであり元サッカー日本代表の前園真聖さん、ゲストとして登壇した元サッカー女子日本代表の澤穂希さんが大会に寄せる思いを語った。

ダノンネーションズカップは12歳以下の世界一を決めるFIFA公認の国際サッカー大会。その日本代表チームを決めるのが、この日発表された「ダノンネーションズカップ2018 in JAPAN」だ。4年ぶりに地方大会が復活し、ダノンジャパンが工場を持つ群馬、復興支援を目指す熊本、大阪、埼玉で予選を行う。本大会は2018年4月1~2日に東京都近郊で行われる。

さらに、今大会から初めて女子大会も開催されることになった。小学生世代の女子選手にとっては、世界で戦う希少な機会を手に入れることができる唯一の国際大会となる。女子は予選がなく、本大会に16チームが出場して開催される。

15歳にして日本代表に選出された澤さんは、「国際大会で海外の強いチームや強豪選手と戦うのはこの上ない経験になります」と大会の意義を語った。

「こんな大会が私の小さいころにあったらよかったなと思います。あのころは女子大会なんてほとんどなかったですから。選手の底辺拡大と強化につながる機会だと思います。出場する選手はまず楽しんでほしい。もちろんしっかりと練習して、何度も同じプレーを反復して大会を迎えることが大事です。練習でできなかったことは試合でできないですから」

軽快なサッカートークを繰り広げる(左)澤穂希と前園真聖

大会アンバサダーに就任し、予選大会から現地に乗り込んで応援したいという前園さんも、「子どものころは世界に行ける道がなかったから、うらやましいです。チャンスをもらったらぜひチャレンジしてほしい」と熱く語る。

「この大会は世界につながっているんです。若い選手が世界を経験できるんです。練習でやってきたこと、自分のプレーをしっかりと出して世界の強豪にチャレンジしてほしいです」とエールを送った。
《山口和幸》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top