【インドネシアモーターショー2017】ニッコリと微笑むコンパニオン | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【インドネシアモーターショー2017】ニッコリと微笑むコンパニオン

イベント スポーツ
東南アジアのモーターショーではあたりまえの光景となっているステージモデル/コンパニオンの大量投入。インドネシア国際オートショー2017(インドネシアモーターショー2017)でもその状況にかわりはなく、会場内であちこちのブースで洗練された女性が花を添えている。

会場を歩いていて感じるのは、メーカーのカラーをしっかり反映させていること。たとえば、現地で親しみやすいブランドイメージを訴求するダイハツは、ピンクの明るい色使いでカジュアルな“カワイイ系”のコスチューム、レクサスはシックな色使いで高貴な雰囲気の、ワンショルダーで深いスリット入りロングドレスだった。

加えて、写真を撮影していて感じたのは、日本のモーターショーに比べてフレンドリーな感覚が強いこと。写真を撮っていると笑顔を作ってくれる人が多いし、そのスマイルの美しさにも心惹かれる。

日本とは違ってブースの運営側の縛りが緩いということもあるだろうが、次々とポーズをとってくれるのだからサービス精神も旺盛だ。……それにしても、ダイハツブースのコンパニオンの圧倒的な多さには驚かされた。
《工藤貴宏@レスポンス》

編集部おすすめの記事

まとめ

イベント アクセスランキング

  1. 深田恭子、普段着から覗く「チラッと」の良さ語る

    深田恭子、普段着から覗く「チラッと」の良さ語る

  2. 石原さとみ、今年は“サブマリン”投法を披露!

    石原さとみ、今年は“サブマリン”投法を披露!

  3. 稲村亜美、“神スイング”を川崎宗則に披露「今年ドラフトかかった選手ですか?」

    稲村亜美、“神スイング”を川崎宗則に披露「今年ドラフトかかった選手ですか?」

  4. 高橋尚子、フルマラソンの走り方「悪魔の誘惑には乗らないでください」

  5. 高橋尚子、マラソン前の食事をアドバイス「炭水化物を多く摂るように」

  6. AKB48・島崎遥香、卒業発表「ジブリの声優が夢」

  7. 全コース湖畔を走る「越谷レイクタウンランニング」11月開催

  8. 過去最多のランナーが参加!「陸前高田 応援マラソン2017」開催

  9. ドラゴンボールのスタンプラリー開始…7駅、30駅、65駅とハマる

  10. 巨人・杉内俊哉ファンミーティング、アパホテルで12月開催

アクセスランキングをもっと見る

page top