リバプール、開幕戦は引き分け…クロップ監督は1ゴールのサラーを評価 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

リバプール、開幕戦は引き分け…クロップ監督は1ゴールのサラーを評価

スポーツ 短信
ゴールを挙げたモハメド・サラー(2017年8月12日)
  • ゴールを挙げたモハメド・サラー(2017年8月12日)
  • リバプールのユルゲン・クロップ監督 参考画像(2017年5月21日)
イングランド・プレミアリーグ第1節が8月12日に行われた。リバプールはワトフォードと対戦して3-3の引き分けに終わっている。

前半8分にCKからステファノ・オカカのヘディングで先生されたリバプール。同29分に素早いパスワークからサディオ・マネが決めて追いつくも、直後に勝ち越しを許し前半は1-2で折り返した。

それでもリバプールは後半10分に味方のパスに抜け出したモハメド・サラーが倒されPKを獲得。これをロベルト・フィルミーノが決め同点に追いついた。さらに同12分にはフィルミーノがゴール前で浮かせたボールをサラーが押し込み逆転に成功する。

アディショナルタイムに追いつかれ白星を逃したリバプールだが、ユルゲン・クロップ監督は新加入で今季初ゴールを決めたサラーの働きを賞賛した。

「彼はPK獲得に絡み1ゴールを決めてくれた。彼の人生で最も難しいゴールというわけではなかったがね。デヤンからのボールが完璧であり、ロベルトからのボール扱いも見事だった。素晴らしいチップキックが出されて、彼はあのフィニッシュの位置にいた」

初めはワトフォードのDFホセ・ホレバスに苦しめられていたと語るクロップ監督。だが後半には修正できたと対応力も評価した。

「裏に走り込むスピードを持った選手がオプションとして必要だった。いつもではないが彼がそうしてくれれば、スペースを使った戦いができる。より我々のプレーはやりやすくなる。だから彼の貢献には満足している」
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top