オリックス、吉田正尚が値千金の決勝打…西武は菊池雄星の粘投実らず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

オリックス、吉田正尚が値千金の決勝打…西武は菊池雄星の粘投実らず

スポーツ 短信

京セラドーム イメージ
  • 京セラドーム イメージ
オリックスは8月10日、京セラドーム大阪で西武と対戦。吉田正尚外野手の決勝打により、4-2で勝利した。

オリックスは1-1で迎えた3回裏、安達了一内野手が今季第2号のソロ本塁打を放ち勝ち越しに成功。8回表には西武の浅村栄斗内野手にソロ本塁打を浴びて同点とされるも、8回裏に2死一、二塁の好機を作ると、吉田が値千金の適時二塁打を放ち、4-2と勝ち越しに成功した。

投げては、3番手の近藤大亮投手がプロ初勝利。敗れた西武は、先発の菊池雄星投手が8回を投げて12奪三振4失点と粘りの投球を見せるも、打線が援護できなかった。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top