ロッテ、加藤翔平が劇的サヨナラ打…オリックスは守護神・平野佳寿が誤算 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ロッテ、加藤翔平が劇的サヨナラ打…オリックスは守護神・平野佳寿が誤算

スポーツ 短信

ZOZOマリンスタジアム(2017年5月7日)
  • ZOZOマリンスタジアム(2017年5月7日)
ロッテは7月17日、ZOZOマリンスタジアムでオリックスと対戦。加藤翔平外野手のサヨナラ打により3-2と劇的な勝利。後半戦初戦を白星で飾った。

ロッテは初回、角中勝也外野手が今季第1号のソロ本塁打を放ち1点を先制。その後、5回表にオリックスに同点とされ、9回表には大城滉二内野手にソロ本塁打を浴びて勝ち越されたが、9回裏に2死満塁の好機を作ると、加藤が値千金の適時打を放って走者が2人生還。劇的なサヨナラ勝ちをおさめた。

投げては、4番手の内竜也投手が今季4勝目。敗れたオリックスは9回表に勝ち越し、その裏に守護神・平野佳寿投手を送り込む勝ちパターンにもちこんだに見えたが、平野がまさかの誤算だった。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top