ムグルサがウィンブルドン初優勝、ビーナスをストレートで下す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ムグルサがウィンブルドン初優勝、ビーナスをストレートで下す

スポーツ 短信

ウィンブルドンで初優勝のガルビネ・ムグルサ(2017年7月15日)
  • ウィンブルドンで初優勝のガルビネ・ムグルサ(2017年7月15日)
テニスのウィンブルドン選手権は7月15日に女子シングルス決勝が行われた。第14シードのガルビネ・ムグルサと第10シードのビーナス・ウィリアムズが対戦し、ムグルサが7-5、6-0で勝利。大会初優勝を果たしている。

一進一退の攻防が続いた第1セット。ムグルサはビーナスのセットポイントを跳ね返してセット先取すると、その勢いで第2セットは1ゲームも与えることなく奪って見せた。

2016年の全仏オープンに続くグランドスラム2勝目を手にしたムグルサは、「厳しい試合になることは分かっていました。私は彼女のプレーを見ながら育ったんです。その人と決勝で戦えたなんて最高です」とオンコートインタビューで笑顔を見せた。

「もちろん緊張はしていました。だけどなんとかプレーはできました。非常にタフな試合展開でした」

この優勝により世界ランキング15位のムグルサは、大会終了後のランキングで5位に浮上することが確定した。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top