楽天、代打・アマダーが値千金の決勝打…西武は終盤の粘り実らず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

楽天、代打・アマダーが値千金の決勝打…西武は終盤の粘り実らず

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
楽天は7月8日、Koboパーク宮城で西武と対戦。代打・アマダーが値千金の決勝打を放ち、4-2で勝利した。

楽天は2-2で迎えた8回裏、無死満塁の絶好機を作ると、代打で登場したアマダーが適時打を放ち走者が二人生還。土壇場で4-2と勝ち越しに成功した。投げては、3番手のハーマン投手が今季2勝目。最後は守護神の松井裕樹投手が締めて今季24セーブ目を挙げた。

敗れた西武は、8回表に山川穂高内野手の今季第3号となる2点本塁打で一時は試合を振りだしに戻すも、リリーフ陣がつかまった。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top