【オビナタの世界放浪記】謎のコンドームおじさんに深夜に起こされた話 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【オビナタの世界放浪記】謎のコンドームおじさんに深夜に起こされた話

ライフ 社会

GettyImages 参考画像
  • GettyImages 参考画像
2016年末、スペイン・バルセロナの安宿での話だ。貧乏旅行経験者ならお分かりだろうが、基本的に貧乏バックパッカーは「ドミトリールーム」と呼ばれる、1部屋に4~10人くらいまでを収容する大部屋に宿泊する。

僕が数日間ほど宿泊していたのはアークハウスバルセロナというホステルであり、キッチンが狭く自炊が少々面倒だったものの(スペイン滞在中は基本的に自炊していた。せっかくのスペインなのに…)非常に清潔で、セキュリティもしっかりしていて過ごしやすい宿であった。

そんなある日。深夜3時ごろだろうか。ふと目が覚めた。

暗闇の中、端の方のベッドでゴゾゴソと動く音が聞こえる。目を凝らすと、寝ている誰かを揺らし起こそうとする一人の男の姿が見えた。何かを耳元で囁いている。

謎の男に揺り起こされた彼は、寝ぼけ声で「No」とつぶやいた。

次の行動として、謎の男は隣で眠る女性を揺らす。そして何かを囁く。いや、「囁く」というのは描写としては間違っていないのだが、正確には何かを訪ねていることは遠目からでも分かった。

女性も答える。

「No」

広いドミトリールームだったので、おおよそ12人程が寝ていたのではないだろうか。僕が寝ていた2つ先のベッドあたりで、男が何と訪ねているのかがハッキリ分かった。

「Do you have a condom?(コンドーム持ってる?) 」

それをこの時間にわざわざ人を起こして聞くのか…。

3人目、4人目、5人目…。

老若男女問わず、全員を順に起こし続ける謎の男。

ついに僕の番が来た…。

コンドームなんて持ってないよ…。渡したらここでコトを始めるというのか…?仮に持っていたとしても絶対に渡さねぇ…。

「Do you have a con....」

「No」

カレーの苦手なインド人もいれば、寿司の嫌いな日本人もいる。同じように、日本人からすると性に奔放とされる欧米人(この括り方も曖昧だが、今回は見逃していただきたい)にも、実際に奔放な人間と奔放ではない人間がいる。

しかし、彼は確実に前者であろう。

全員に無下なく断られた彼は、ベッド(彼のベッドは僕の隣だった!)に女性を連れ込み、行為には至っていなかったように感じられたものの、暗闇の中甘い吐息だけが聞こえてきた。

瞼を閉じ寝入ろうとするも、悶々としてなかなか寝付けなかった…。

海外旅行者から「ドミトリールームで欧米人が色々とはじめてさ…。辛かったよ」という嘆きを聞くことはしばしある。

そんな話をされると、わかるわかる、と思わず頷いてしまうのだ。
《大日方航》

編集部おすすめの記事

page top