【交流戦】オリックスが終盤に打者一巡の猛攻、金子千尋が6勝目…ヤクルトは投手陣が崩壊 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【交流戦】オリックスが終盤に打者一巡の猛攻、金子千尋が6勝目…ヤクルトは投手陣が崩壊

スポーツ 短信

京セラドーム イメージ
  • 京セラドーム イメージ
オリックスは5月30日、京セラドーム大阪でヤクルトと対戦。終盤に打者一巡の猛攻を見せ、9-1で快勝した。

オリックスは1-1で迎えた6回裏、2死一、二塁の好機を作ると、武田健吾外野手が適時打を放って勝ち越しに成功。7回裏には、走者満塁の場面で西野真弘内野手が適時二塁打を放って2点を追加。さらに続く満塁の好機に武田や駿太外野手にも適時打が飛び出すなど打線が爆発。打者一巡の猛攻で9-1と突きはなした。

投げては、エースの金子千尋投手が7回1失点の好投を見せ、今季6勝目。敗れたヤクルトは近藤一樹投手が古巣相手に6失点を喫するなど、投打ともに振るわなかった。
《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top