インディ500を制した佐藤琢磨、日本人初の快挙に笑顔「40歳でもできると証明した」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

インディ500を制した佐藤琢磨、日本人初の快挙に笑顔「40歳でもできると証明した」

スポーツ 短信
インディ500を制した佐藤琢磨(2017年5月28日)
  • インディ500を制した佐藤琢磨(2017年5月28日)
5月28日にインディカー・シリーズ第6戦『第101回インディ500』で佐藤琢磨が初優勝を果たした。8度目のインディ500挑戦で頂点に立った佐藤は同レース初の日本人優勝者になった。

激しい展開が続いたレースは終盤に5台がクラッシュするアクシデント。残り11周から再開したレースで佐藤は2番手からトップをうかがう。そして残り5周で先頭に浮上すると、ライバルたちの猛追を振り切りトップでチェッカーフラッグを受けた。

日本人初の快挙を成し遂げた佐藤はレース後の会見で、「インディアナポリスは僕にとって素晴らしい場所。2004年にF1で初めて表彰台に乗ったのもここだった」と笑顔を見せた。

「そして今回は表彰台の一番高いところに立つことができた。この場所には僕が愛する何かがある。ここでのレースはいつも楽しい」

今年で40歳になった佐藤。節目の年にビッグタイトルを手にし、今後へのモチベーションを高めていた。

「40歳になると良いパフォーマンスをするために試行錯誤するが、まだできるということを証明した。まだ僕は走っているし、トニー・カナーンだってまだ現役だ。肉体を保つためにハードなトレーニングをしているし、精神的に強くなくてはレースは続けられない。いつか引退しなくてはならないがこれからも、もっと戦いたいという気持ちになった」
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top