中日・藤井淳志が連日の決勝打、岩瀬仁紀が3年ぶり白星…ヤクルトは5連敗で最下位転落 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中日・藤井淳志が連日の決勝打、岩瀬仁紀が3年ぶり白星…ヤクルトは5連敗で最下位転落

中日は5月27日、ナゴヤドームでヤクルトと対戦。藤井淳志外野手が前日に続き決勝打を放つ活躍を見せ、4-2で勝利した。

スポーツ 短信
ナゴヤドーム
  • ナゴヤドーム
中日は5月27日、ナゴヤドームでヤクルトと対戦。藤井淳志外野手が前日に続き決勝打を放つ活躍を見せ、4-2で勝利した。

中日は0-2と2点ビハインドで迎えた6回裏、走者一、二塁の好機を作ると、ゲレーロ内野手が適時打を放って1点を返す。続く2死三塁の場面で平田良介外野手が適時内野安打を放ち同点とすると、8回裏には、無死一塁の場面で藤井が適時三塁打を放って勝ち越しに成功。相手の送球ミスの間に藤井も生還し、4-2とリードを広げた。

投げては、2番手の岩瀬仁紀投手が今季初勝利。敗れたヤクルトは、小川泰弘投手が6回途中2失点と先発の役割を果たすも、リリーフ陣が誤算だった。これでヤクルトは痛恨の5連敗。中日と入れ替わり、リーグ最下位に転落した。


《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top