中日・藤井淳志が連日の決勝打、岩瀬仁紀が3年ぶり白星…ヤクルトは5連敗で最下位転落 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中日・藤井淳志が連日の決勝打、岩瀬仁紀が3年ぶり白星…ヤクルトは5連敗で最下位転落

スポーツ 短信

ナゴヤドーム
  • ナゴヤドーム
中日は5月27日、ナゴヤドームでヤクルトと対戦。藤井淳志外野手が前日に続き決勝打を放つ活躍を見せ、4-2で勝利した。

中日は0-2と2点ビハインドで迎えた6回裏、走者一、二塁の好機を作ると、ゲレーロ内野手が適時打を放って1点を返す。続く2死三塁の場面で平田良介外野手が適時内野安打を放ち同点とすると、8回裏には、無死一塁の場面で藤井が適時三塁打を放って勝ち越しに成功。相手の送球ミスの間に藤井も生還し、4-2とリードを広げた。

投げては、2番手の岩瀬仁紀投手が今季初勝利。敗れたヤクルトは、小川泰弘投手が6回途中2失点と先発の役割を果たすも、リリーフ陣が誤算だった。これでヤクルトは痛恨の5連敗。中日と入れ替わり、リーグ最下位に転落した。


《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top