上原浩治が今季6ホールド目、同点のランナーを残して降板もカブスは競り勝つ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

上原浩治が今季6ホールド目、同点のランナーを残して降板もカブスは競り勝つ

スポーツ 短信

上原浩治が今季6ホールド目(2017年5月24日)
  • 上原浩治が今季6ホールド目(2017年5月24日)
シカゴ・カブスの上原浩治が5月24日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦に登板した。2点リードの八回に登板した上原は2/3回を1安打無失点に抑えて今シーズン6ホールド目をマークしている。

今シーズン初セーブを記録した18日のシンシナティ・レッズ戦以来、久しぶりのマウンドに上がった上原。先頭のマイケル・モースには右ヒットを許すが、続くデナード・スパンを一ゴロ、ジョー・パニックは打ち取った。だがブランドン・ベルトを四球で歩かせ、同点のランナーを出したところで降板。

それでも3番手のC.J.エドワーズが後続を抑え、この回を無失点で切り抜けたカブスが5-4で競り勝っている。


この試合にファンからは、「ちょっと登板間隔が空きすぎかな」「8回、9回はヒヤヒヤしたけど勝てて良かった」「今日はリリーフ陣が全体的に怪しかった」「あそこで交代させられるのは悔しいな」などの声が寄せられている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top