“水チューバー”よ、福島をめざせ! ハワイアンズに日本一のボディースライダー 7/21誕生 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

“水チューバー”よ、福島をめざせ! ハワイアンズに日本一のボディースライダー 7/21誕生

エンタメ 話題

“水チューバー”よ、福島をめざせ! ハワイアンズに日本一のボディースライダー 7/21誕生
  • “水チューバー”よ、福島をめざせ! ハワイアンズに日本一のボディースライダー 7/21誕生
  • “水チューバー”よ、福島をめざせ! ハワイアンズに日本一のボディースライダー 7/21誕生
  • ボディースライダー「BIG☆ALOHA」建設予定地(報道公開時)
  • ボディースライダー「BIG☆ALOHA」建設予定地(報道公開時)
高低差・長さ日本一のボディースライダー、完成まであと2か月――。福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズに、新たなアトラクション「BIG☆ALOHA(ビッグアロハ)」が誕生。7月21日のオープンを前に、その詳細が見えてきた。

この新たなボディースライダーのスペックは、全長283m、高低差40.5mで「これまでトップ3を占めていたナガシマスパーランドを抜いて、国内のボディースライダーで高低差・長さともにイチバンに」と常磐興産。同社が展開するALOHAプロジェクトの第一弾となるこの新アトラクションの利用料金は500円、総工費は7億円。

「ビッグアロハは、水が流れるチューブのなかを、仰向けに寝転んで滑るタイプ。高低差、滑走距離ともに日本一のボディースライダー。外観は赤と黄色を基調としたデザインで、実際に滑りはじめると、まるで異空間を滑り落ちるような感覚に。ステンドグラスやレインボーなどのグラフィックの世界観、縦横無尽に変化する模様など、視覚面も楽しめる」(同社)

このボディースライダーの設置工事がすすむ現場は、地上3階部分のスパ施設から、地上階の駐車場へと続く急斜面。同社レジャーリゾート事業本部の村田知博氏は、こうした急斜面に“日本一のボディースライダー”を建設するに至った背景についてこう語る。

「昨年夏は、うれしいことにウォーターパーク内が大混雑。あまりにも人口密度が高く、プール施設として話題性がありながらも、混雑緩和策は必至だった。しかし、既存のウォーターパークではもう限界。そこで、当社敷地内に新たな水遊び施設の設置を検討し始めた」

「その目玉商品として、50周年を迎えた第一弾アトラクションとして、新ウォータースライダーの計画が昨年夏から動き出した。トレンドにあわせた施設は、いち早くという考えで、計画からわずか1年で具現化へこぎつけた」

また、この日本一にこだわる理由について、村田氏はこう話していた。

「ユーザーにとて、わかりやすい魅力、伝えやすいキーワードはなにか、って考えたとき、『日本一』だった。そこで、身体で滑るウォータースライダーとしては、『日本一の高低差と長さ』を誇るものをつくろうと」

7月21日、「日本一のボディースライダー」は、三重県桑名市から、福島県いわき市に移る。この夏、ボディースライダーマニアはスパリゾートハワイアンズへ針路をとるか――。


ボディースライダー「BIG☆ALOHA」建設予定地(報道公開時)
《大野雅人》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?

編集部おすすめの記事

page top