サンチェス2発でアーセナルが勝利、最終節にCL出場の可能性を残す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

サンチェス2発でアーセナルが勝利、最終節にCL出場の可能性を残す

スポーツ 短信

2ゴールを挙げたアレクシス・サンチェス(2017年5月16日)
  • 2ゴールを挙げたアレクシス・サンチェス(2017年5月16日)
イングランド・プレミアリーグ第34節の試合が5月16日に行われた。アーセナルは後半にアレクシス・サンチェスが2ゴールを挙げ2-0で勝利。リーグ4連勝でUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場の可能性を残した。

CL出場に望みをつなぐため勝ち点3がほしいアーセナル。前半から攻め込み多くのチャンスを作るが決めきれない。8分にはサンチェスのミドルシュートがネットを揺らすが、オリヴィエ・ジルーの腕に当たりコースが変わっていたとしてハンドの判定。

焦れる展開が続く中でアーセナルはミスから最大のピンチを招く。ナチョ・モンレアルのバックパスがズレて、無人のゴールへ転がるのをGKペトル・チェフが手でセーブしたプレーに間接FKが与えられたのだ。エリア内でのセットプレーから再開する窮地だったが、ゴール前に上がったボールをグラニト・ジャカがヘディングでピッチ外に弾き出した。

アーセナルに待望の先制点が生まれたのは後半27分だった。メスト・エジルの折り返しをフリーで走り込んでいたサンチェスが押し込む。なおも攻め込むアーセナルは同36分、ジルーの折り返しをサンチェスが頭で叩き込み決定的な追加点を奪った。

この勝利でアーセナルは勝ち点72の5位。4位のリバプールとは勝ち点1差で最終節を迎える。


盛り上がりを見せるトップ4争いにファンからは、「アーセナルは最後の5試合くらいで強さを発揮する」「アーセナルの4位力さすがだわ」「追い詰められてから強いのもいいけど、もっと大事な時期に強さを発揮してほしかった」「最終節でリバプール逆転できたら歴史に残るわ」などの声が寄せられている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top