インテル・長友佑都、「自分のミス」で失点献上…「転んだら立ち上がればいい」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

インテル・長友佑都、「自分のミス」で失点献上…「転んだら立ち上がればいい」

スポーツ 短信
ナポリ戦で先発出場した長友佑都(2017年4月30日)
  • ナポリ戦で先発出場した長友佑都(2017年4月30日)
  • 長友佑都 参考画像(2016年8月21日)
  • 長友佑都 参考画像(2016年6月3日)
イタリア・セリエAのインテル・ミラノに所属するサッカー日本代表DF長友佑都が5月1日、ツイッターを更新。「ナポリ戦自分のミスで負けた」と負けを喫したナポリ戦を振り返っている。

インテルは4月30日、セリエA第34節でナポリをホームに迎えた。3試合連続で先発出場した長友は前半終了間際、ゴール前で相手のクロスボールをクリアしようとしたが対応を誤り、そのボールをナポリのMFホセ・マリア・カジェホンに押し込まれ先制を許した。

「ナポリ戦自分のミスで負けた。これがサッカー」と自身のミスを認める長友。「1つのミスで勝敗が決まる」と続けている。

しかし、長友は前を向く姿勢も見せている。「転んだら立ち上がればいい。俺はまだまだ強くなれる」と汚名返上を誓った。

今季の長友は、出場機会を得ることができない期間が長く、苦しいシーズンが続いている。苦境を乗り越え、つかみ取りつつあるポジションを簡単に奪われるわけにはいかない。リーグ戦もあと4試合と残りわずかのなか、長友の挽回に期待したい。


ツイッターにファンからは、「切り替えて次やったりましょー!」「次見据えてその悔しさぶつければ良い!」「大丈夫、失敗よドンとこいです。自分のミスで1点入れられたら。長友選手が1点決めればいい!」「試合の勝敗はチーム全体の問題 点取れなきゃ負けなくとも勝てない」「前向きな長友選手応援してます!」など励ましのコメントが多く寄せられていた。

インテルの次節は5月7日、アウェーでジェノアと対戦する。
《桜川あさひ》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top