ソフトバンク、福田秀平が決勝2ラン…オリックスは打線が沈黙 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク、福田秀平が決勝2ラン…オリックスは打線が沈黙

スポーツ 短信
京セラドーム イメージ
  • 京セラドーム イメージ
ソフトバンクは4月28日、京セラドーム大阪でオリックスと対戦。福田秀平が決勝の2点本塁打を放ち3-1で勝利した。

ソフトバンクは2回表、指名打者・デスパイネのソロ本塁打で幸先よく先制。6回裏、先発の中田賢一投手の暴投により1点を献上し同点とされるも、7回表に1死二塁の好機を作ると、福田が2点本塁打を放ち3-1と勝ち越しに成功。

投げては、先発の中田が6回1失点の好投を見せ、勝利に貢献。敗れたオリックスは、先発の西勇輝投手が7回3失点と粘りの投球を披露したが、打線がソフトバンク投手陣の前に4安打と沈黙した。


《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top