【WBC2017】侍ジャパン、投打がかみ合い台湾選抜に快勝…山田哲人が先頭打者弾 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【WBC2017】侍ジャパン、投打がかみ合い台湾選抜に快勝…山田哲人が先頭打者弾

スポーツ 短信
侍ジャパン・山田哲人が先頭打者弾(2017年3月1日)
  • 侍ジャパン・山田哲人が先頭打者弾(2017年3月1日)
  • 侍ジャパン・山田哲人が先頭打者弾(2017年3月1日)
野球日本代表・侍ジャパンは3月1日、福岡ヤフオク!ドームで台湾プロ野球選抜と対戦。投打ががっちりとかみ合い、9-1で快勝した。

前日の試合では投打ともに振るわなかった侍ジャパン。初回、この日も1番に入った山田哲人内野手(ヤクルト)がいきなり見せた。真ん中寄りの甘い球を豪快に振り抜くと、打球は鮮やかな放物線を描いてスタンドへ。これまで打撃不振だった山田の一撃で幸先よく先制した。

勢いに乗った侍打線は5回表、走者一、三塁の好機を作ると、中田翔内野手(日本ハム)がセンターへ犠飛を放って3-0とリードを広げる。その後も攻撃の手を緩めず、6回表には満塁の好機で筒香嘉智外野手(DeNA)がレフトへ流し打つ技ありの2点適時打で7-0とすると、その後も効果的に加点して終始試合の主導権を握った。

投げては、先発の菅野智之投手(巨人)が4回3安打無四球無失点と期待通りの投球を見せ、2番手の石川歩投手(ロッテ)も危なげない投球で3回を1失点に抑えた。

侍ジャパンは3月3日に阪神、5日にオリックスとの強化試合を経て3月7日のWBC開幕戦を迎える。

《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top