バナナ+ペン=『バナペン』…ドールからバナナ専用ペンが誕生 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

バナナ+ペン=『バナペン』…ドールからバナナ専用ペンが誕生

新着 製品/用品
バナナ+ペン=『バナペン』…ドールからバナナ専用ペンが誕生
  • バナナ+ペン=『バナペン』…ドールからバナナ専用ペンが誕生
  • バナナ+ペン=『バナペン』…ドールからバナナ専用ペンが誕生
バナナを制するものはフルーツ界を制す。

皮を剥いただけで手軽に食べることができ、一年を通して手頃な価格で食べることができるバナナは、今やよく食べる果物No.1だ。そのため、バナナ市場の競争は熾烈を極めている。そんな中、株式会社ドールが新たな商品を生み出した。



バナナの皮に直接文字や絵を描くことができるバナナ専用ペン、バナペン。
皮の酸化作用を利用し、インクの代わりに食用酢を使用している。5分ほど経つと、書いた文字や絵が徐々に浮き上がってくる仕組みになっている。ドールは2008年の「第2回東京マラソン」以来、ランナーにバナナを提供するとともに、様々なキャンペーンを展開。今回は、東京マラソン2017に向けて頑張るランナーをさっぱりとした甘さの低糖度バナナにメッセージを書いて応援するという、バナナを“メッセージを届けるための手紙”としたキャンペーンを打ち出した。

Twitterでは、「バナナメッセージ」動画をシェアした方の中から抽選で500人にバナペンをプレゼントするキャンペーンを行なっている。


皇居近辺にあるランナーズステーション「JOGLIS」では、低糖度バナナの無料サンプリングとともに、1月5日~2月25日の間バナペンを無料体験できる「バナナメッセージ応援スポット」が設置されている。また、渋谷に設置しているドールバナナ自動販売機では、バナペン付き低糖度バナナを1月5日~2月28日の期間限定で販売中。販売開始20分で売り切れになるほどの人気ぶりだという。




編集部にもバナペンが届いたので、早速使ってみた。


徐々に浮かび上がってくる文字。文字が出てくるまではバナナはおあずけ。
社員が出払っている昼下がり、美味しそうな低糖度バナナを目の前に、ひたすら写真を撮る編集部員というおかしな光景が出来上がっていた。


スポーツの大会のお弁当に応援メッセージ付きのバナナを忍ばせる。
みんなでメッセージを寄せ書きして友人に渡す。
受験勉強を頑張る子どもにメッセージ付きのバナナを差し入れる。
様々なシーンでの活躍が期待できるのではないだろうか。
《山本有莉》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top