全日本大学女子サッカー選手権、早稲田が連覇 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

全日本大学女子サッカー選手権、早稲田が連覇

イベント スポーツ
全日本大学女子サッカー選手権、早稲田が連覇
  • 全日本大学女子サッカー選手権、早稲田が連覇
「第25回全日本大学女子サッカー選手権大会」決勝が2017年1月15日(日)に味の素フィールド西が丘で行われ、早稲田大学が昨年度に引き続き優勝した。

決勝では、日本体育大学と早稲田大学が対決。日本体育大学が王座奪還、17回目の優勝、早稲田大学が連覇を狙って戦った。決勝は立ち上がり、両チームが拮抗する展開となった。ゲームが膠着状態になりかけた38分、早稲田陣地深い場所でのクロスを日本体育大学の平田ひかりがゴール前で布施香菜子に落とし、シュート。先制点を奪った。

前半を1-0で折り返した後半、早稲田大学は50分にフリーキックを獲得。松原有沙のボールがファーポスト近くに吸い込まれ、そこへ走りこんできた三浦紗津紀が頭で合わせてゴールした。スコアが1-1となった直後、日本体育大学がドリブル突破を得意とする児野楓香を投入。その後、両チーム交互にチャンスが訪れるがスコアは動かず、後半アディショナルタイムに突入した。

早稲田大学は92分、中村みづきが縦に入ったボールのこぼれをミドルシュートで決め、1-2で2年連続5度目の優勝を成し遂げた。大会MVPは、早稲田大学の三浦紗津紀。決勝に先立って行われた3位決定戦では、神奈川大学が武蔵丘短期大学を2-1で下した。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top