中田英寿、プロゴルファー渡邉彩香と宮古島で初ラウンド「ドライバーよりアイアンが好き」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中田英寿、プロゴルファー渡邉彩香と宮古島で初ラウンド「ドライバーよりアイアンが好き」

イベント スポーツ

中田英寿、プロゴルファー渡邉彩香と宮古島で初ラウンド
  • 中田英寿、プロゴルファー渡邉彩香と宮古島で初ラウンド
  • 中田英寿、プロゴルファー渡邉彩香と宮古島で初ラウンド
  • 中田英寿、プロゴルファー渡邉彩香と宮古島で初ラウンド
デサントは、プレミアムアスリートゴルフウェア「デサントゴルフ」アンバサダーの元サッカー日本代表・中田英寿と、同じくウエア契約をしているプロゴルファーの渡邉彩香が初ラウンドした様子を公開した。

自他共に認めるサッカー好きの渡邉は、中田のファンであることを公言しており、対面前に「元々サッカーが好きで小学生のときには、中田さんをずっと応援していました。中田さんにはゴルフのことはもちろん、これまで世界で活躍されていたときのことなどを聞いてみたいです」と語っていた。

渡邉は2016年12月に宮古島で中田と初対面を果たすと、中田からの提案で一緒にラウンドすることに。共にラウンドする中で渡辺は中田がドライバーを使わないことに驚き、「私はドライバーが一番得意なだけに、ドライバーを使わないなんて信じられません(笑)」とコメント。一方、中田は「僕はドライバーを使わずにアイアンだけで正確なショットを意識しています」と語った。

しかし、渡邉のドライバーショットを実際に見た中田が「こんなに飛ばせたら気持ち良いですね」と話すと、すかさず渡邉が「ドライバーは気持ち良いですよ」とドライバーショットの魅力を語った。ところが、中田から「僕はやっぱりドライバーは使いません(笑)」という返答が。中田は「サッカーでもゴールを決めるよりスルーパスが好きなように、ドライバーよりアイアンが好きなんです」と、ドライバーを使わないことを改めて宣言した。

ラウンド中には、渡邉の目標に話が及び、渡邉は「東京オリンピックの代表になって金メダルを取ることが目標です。オリンピックは自分の夢です。日の丸の重みはメジャーよりも重いと思っています」とオリンピックへの気持ちを語った。

オリンピックもW杯も経験した中田は「今も当時も自分の理想にどれだけ近づけるかということが自分の目標」と自身について語った。

対面後、中田は「渡邉プロにお会いして優しそうで素直だと感じましたが、それよりも頑固だなと(笑)。それはドライバーへのこだわりもそうですし、日本代表への思いもそう感じました。こういう人が強くなり世界で戦えるようになるのだと思います」と渡邉の印象を語った。

今回のイベントの模様は、デサントゴルフ2017年春夏シーズンのスペシャル企画としてさまざまなメディアで配信される予定だ。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top