【CES 17】メルセデスの次世代EV、「EQ」…米国で初公開予定 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【CES 17】メルセデスの次世代EV、「EQ」…米国で初公開予定

ドイツのメルセデスベンツは12月22日、米国で2017年1月に開催されるコンシューマー・エレクトロニクス・ショー2017(CES 2017)において、コンセプトカーの『ジェネレーション EQ』を米国初公開すると発表した。

イベント 試乗会
メルセデスベンツ・ジェネレーション EQ
  • メルセデスベンツ・ジェネレーション EQ
  • メルセデスベンツ・ジェネレーション EQ
  • メルセデスベンツ・ジェネレーション EQ
  • メルセデスベンツ・ジェネレーション EQ
  • メルセデスベンツ・ジェネレーション EQ
  • メルセデスベンツ・ジェネレーション EQ
ドイツのメルセデスベンツは12月22日、米国で2017年1月に開催されるコンシューマー・エレクトロニクス・ショー2017(CES 2017)において、コンセプトカーの『ジェネレーション EQ』を米国初公開すると発表した。

ジェネレーション EQは、メルセデスベンツが新たに立ち上げた電動パワートレイン車に特化したブランド、「EQ」の最初のコンセプトカー。EQには、エレクトリック・インテリジェンス、エモーション&インテリジェンスの意味を込める。

ジェネレーション EQは、メルセデスベンツ『GLEクーペ』や『GLCクーペ』と同様、SUVクーペとしてデザイン。今後、EQブランドからは、SUV、サルーン、クーペ、カブリオレなどの市販車が登場する予定。

ジェネレーション EQは、2個の強力なモーターを搭載。最大出力408ps、最大トルク71.4kgmを引き出す。このパワフルなモーターのおかげで、0-100km/h加速5秒以下の性能を発揮する。

二次電池は、蓄電容量70kWhという大容量のリチウムイオンバッテリー。1回の充電で、最大500km走行できる実用性を持つ。なおメルセデスベンツは、ジェネレーションEQの市販版を2020年までに、ドイツ・ブレーメン工場で生産する計画を掲げている。
《森脇稔@レスポンス》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top