錦織圭、復帰戦で準優勝…世界ランク4位に浮上 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

錦織圭、復帰戦で準優勝…世界ランク4位に浮上

スポーツ 短信
錦織圭 参考画像(2016年10月30日)
  • 錦織圭 参考画像(2016年10月30日)
  • スイス・インドアで錦織圭(右)が準優勝。優勝はマリン・チリッチ(2016年10月30日)
男子プロテニス協会(ATP)は10月31日、最新の世界ランキングを発表した。スイス・インドアで準優勝した錦織圭は、自己最高タイの4位に浮上している。

第3シードとしてスイス・インドアに臨んだ錦織。臀部の故障により途中棄権した楽天ジャパン・オープン以来の復帰戦だったが、途中苦戦しながらも決勝まで勝ち進んだ。決勝では第4シードのマリン・チリッチと対戦。相手のサーブと強打に押され1-6、6-7のストレートで敗れた。

それでもポイントを上積みした錦織は前週の5位から4位に浮上。31日から始まるマスターズ・パリ大会、年内最終戦のATPワールドツアー・ファイナルにも期待が高まる。

上位3名の顔ぶれは変わらないが、エルステ・バンク・オープンで3週連続の優勝を果たした2位のアンディ・マレーが、1位のノバク・ジョコビッチとの差を1915ポイントまで詰めた。

年内にも1位と2位が入れ替わる可能性も出てきた。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top