イ・ボミ「3球打って決めた」…本間ゴルフ「TW737」をプロ18人がインプレ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

イ・ボミ「3球打って決めた」…本間ゴルフ「TW737」をプロ18人がインプレ

新着 製品/用品
本間ゴルフ「TOUR WORLD TW737」発売記念イベント
  • 本間ゴルフ「TOUR WORLD TW737」発売記念イベント
  • 本間ゴルフ「TOUR WORLD TW737」発売記念イベント
  • 本間ゴルフ「TOUR WORLD TW737」発売記念イベント
  • 本間ゴルフ「TOUR WORLD TW737」発売記念イベント
  • 本間ゴルフ「TOUR WORLD TW737」発売記念イベント
  • 本間ゴルフ「TOUR WORLD TW737」発売記念イベント
  • 本間ゴルフ「TOUR WORLD TW737」発売記念イベント
本間ゴルフは、10月18日に発売する「TOUR WORLD TW737」の記念イベントを実施。谷原秀人、イ・ボミ、笠りつ子、小田孔明、高山忠洋、藤本佳則など18名の契約プロが登壇。新モデルのインプレッションや抱負などを語った。

「新しいものにトライするのが好き」というイ・ボミは、「まずドライバーを買った。練習で3球打って、これは使いたいって思ってすぐ決めた。柔らかい球も打てる。ティーアップのときも強い球が飛んだので、完璧です。いい感じだったらすぐ買うタイプ」とTW737について感想を伝えていた。


「やっぱり顔(フェイス)が見た瞬間にいいと思ったんで。僕は顔から入るタイプ。コントロールできるという感じがモロに出ている」(高山)

「見た目もいいし、強い球が出て、風に強い。ボールが高くなることは大事。寒い季節になるとグリーンが固くなってくるし、高い位置から落とさなければならなくなるから、これはいい」(笠)


「本間ゴルフのクラブは、すべてのシリーズに真正直に取り組んでいるので、プロとアマのモデルで差が出るとか、違いがあるってことがない。自分のスイングでいかに簡単にゴルフができているかがカギ。自分のクラブを使いながら、簡単にスイングができるかが大事」(小田)

TOUR WORLD TW737は、初代「TW717」と2代目「TW727」のヘッドを各プロの細かいニーズに合わせて進化させたモデル。「TW717 450プロトタイプ」は、2014年賞金王の小田孔明が使用。そのヘッド形状と同じ「TW727 450プロトタイプ」を手にしたイ・ボミは2015年の賞金女王に。

TW737 450は、ふたりの王者に選ばれたヘッド形状をそのままに、新しいテクノロジーを取り入れて完成した。
《大野雅人》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top